スポンサーリンク

【母乳育児の悩み】断乳?卒乳?どうしたらいい?

卒乳 断乳

授乳タイムは、赤ちゃんとの大切なスキンシップの時間。

けれど、仕事の都合、あなたの体調、病気、家庭の事情などいろいろなことが原因で、授乳をやめなければいけない状況があるかもしれません。

断乳するのか、卒乳するのか、あなたとあなたの赤ちゃんはどちらがいいのか。考えてみませんか?

スポンサーリンク

断乳と卒乳の違いは?

「断乳」と「卒乳」、似てるようで意味合いが違います。よく間違えてるあ母さんもいます。

断乳・・母乳や育児用ミルクを与えることをお母さんの意志でやめること

卒乳・・・赤ちゃん自身が母乳や育児用ミルクを欲しがらなくなり、赤ちゃんの意志で授乳を卒業すること

言い聞かせ卒乳という言葉もあり、言い聞かせ卒乳とは、お母さんが子供に声掛けを続けて、卒乳日を決めたうえで、おっぱいをバイバイすることを言います。

どちらが正解ということではありません。授乳に対する考え方は家庭によって様々ですし。

いつまで授乳すればいいのか?

厚生労働省のガイドラインでは、いつまでにやめなければいけないのか、明記されていません。

WHOの基準では、生後6ヵ月までは完全母乳が望ましく、2歳までは母乳を続けることを推奨しています。

世界の平均授乳期間は4歳2か月だそうです。長いですね。

4歳まで授乳するのはなかなか大変ですが、少しでも長く授乳することは赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても、メリットがあるでしょうか?

どちらにしても、何歳でやめなけれいけないという決まりはないということです。

なので、周囲の心無い意見は無視して、あなた自身と赤ちゃんが決めていいんです。

卒乳させるメリット・デメリット

メリット

なにより、可愛い我が子とのスキンシップが「授乳」という行為でたくさんとれるということです。

私は長女が生後7カ月のときに職場復帰していますが、断乳はせず、授乳を5歳の誕生日まで続けました。

次女が産まれても授乳は終わることはなく、二人同時に授乳するタンデム授乳もしていました。

次女も3歳まで授乳して、娘二人とはスキンシップしまくって、私は本当に満足して卒乳できました。

母乳のメリットについてはこちらをご覧ください。

母乳はお母さんにも赤ちゃんにもいいことばかり
WHOは、生後6か月までは完全母乳を行い、その後は適切な食事を補いながら2歳かそれ以上まで母...

デメリット

授乳に時間がとられる

仕事をし始めると痛感します、とにかく時間がない。家事に子供の世話・・・。

授乳には10分以上は時間がとられてしまう。ただでさえ時間がない、1分1秒でも時間が惜しいのに。

もう、あきらめるしかないです・・・(笑)

あきらめて、おっぱい飲まれてください。そして抱っこしてあげてください。

家事がおろそかになっても子どもたちは何も気づかないし、ご飯が適当になっても大丈夫♪

周囲の目が厳しい・・・

授乳室を利用するとき。

個室ならいいのですが、大部屋しか空いていないときは大きな子供が堂々とおっぱいを飲む姿は、他のお母さんたちをビックリさせているかどうかは、定かではないですが、なんとなく私自身もちょっと恥ずかしい気持ちになります。

我が家は核家族なので、義理の家族の視線は全く気にする必要がなかったけど、同居する義理のお父さんお母さんがいる方は、視線が痛いかもしれません・・・。

甘えん坊がすぎると「おっぱいのせい」にされがち?

たしかに、長女はかなりの甘えん坊で、泣き虫で、引っ込み思案です。

でも、それは長女の器質的な性格であって、けっしておっぱいのせいではない。

が、周囲は(親や保育園の先生など)は、おっぱいのせいって思ってんだろうな。(って被害妄想です)

嫌なことがあるとおっぱいで解決しようとする

保育園で嫌なことがあったり、私に叱られたりして大泣きしても、「おっぱ~い」と言って飲みだし、しばらくすると何事もなかったかのように、普通に遊びだす。

問題は何も解決されていないのに・・・。大丈夫か?と思ってしまう。でもコレで大丈夫なんですよね。

長期授乳のうわさ

ちょっと横道にそれますが、長期授乳していると「虫歯になる」と言われています・・・

しかし、母乳中の主な糖分である乳糖には虫歯菌を増やす働きはなく、母乳に含まれるラクトフェリンは虫歯菌の増殖を抑える働きがあります。

歯医者さんの中には、母乳をあげていると虫歯になるよと言ってくる歯医者さんもいるようです。

もちろん、お母さんの食べたものがおっぱいになるので、お菓子ケーキなど甘いものばかりのおっぱいは、赤ちゃんの歯にもよくないでしょう。

歯が生えたら「しあげ磨き」してあげましょうね。

またお菓子を与えるのは、できるだけ3歳まで我慢しましょう。どんなに歯磨きをしていても、お菓子の威力はすごいです。

お母さんに伝いえたことは、虫歯にしたくないから断乳するというのは、ちょっとおかしいですよという話です。

断乳のメリット・デメリット

メリット

自立する?

「おっぱい大好き」から、他のことへの興味が増していくらしい?

ただ、おっぱいは赤ちゃんにとっても精神安定剤でもあるので、お母さんと赤ちゃんとでよく考えてくださいね。

離乳食をよく食べる

おっぱいが飲まなくなるので、食欲は増すようです。よく食べてくれるのは、お母さんにとってもうれしいですね。

夜よく寝てくれる

授乳をしていると、夜中眠りが浅くなると、どうしても夜間の授乳は欠かせないです。

断乳することで朝までぐっすり寝てくれる。

そして、夜間授乳していたお母さんにとっては、朝まで寝られるのは、本当にありがたいことですね。

仕事復帰しやすい?

断乳することで、仕事中に乳房管理する必要はないです。

授乳を続けながらも仕事復帰は可能ですが、どうしても仕事中、乳房は張ってくるし、必要なら搾乳も必要になります。

食事に気をつけなくてよくなる

授乳を続けるということは、お母さん自身がおいしいおっぱいを出すために、食事には気をつけなければいけないですよね。

断乳することで、授乳中食べるのを控えていたカレーやお肉、ケーキなどおっぱいの詰まりやすい食べ物、お刺身などの生の食べ物を自由に食べることができます。

薬を気にせず飲める

今は、授乳していても内服できる薬はたくさんあります。風邪薬などは基本的には飲んでも大丈夫です。

しかし、中には授乳していることで、薬の成分がおっぱいに移行して赤ちゃんが間接的に薬を服用することになります。

お医者さんの中には、授乳と薬の関係を詳しく理解していないお医者さんもいて、薬を飲むタイミングで断乳を勧められることもあります。

また、お母さん自身が治療に専念しなければいけないような病気の場合は、授乳を続けたくても断乳しなけれないけない場合もあるでしょう。

デメリット

お母さんのメンタル面

「無理やりおっぱいをやめるなんてかわいそう」「まだ欲しがってるのにかわいそう」という我が子に対する罪悪感。

おっぱいを断つため、「自分が必要のない存在になってしまう」という気持ち。

体調不良、育児ノイローゼ、病気などさまざまな理由で断乳をしないといけない状況のお母さんもたくさんいると思います。

悩んで悩んで決めた断乳なのに、罪悪感や喪失感が生まれてしまう。本当に辛いと思います。

また、断乳中に子どもに「おっぱ~い」と大泣きされると、もう辛いですよね。

あなた自身がどんな理由で断乳を決心したのか、気持ちをはっきりさせて頑張るしかないです。どうか踏ん張って。

風邪をひきやすい

早くに断乳した赤ちゃんは、とにかく風邪をひきやすいです。(完全ミルクの子もそうなのですが)

母乳には赤ちゃんを守る成分がたくさん入っているので、母乳を飲む赤ちゃんは自然に免疫をもらい、多少の風邪がひきにくいようです。

乳腺炎になりやすい

突然、断乳するということは、母乳は作られるばかりで、飲まれずの溜まっていくということになります。

そのため、乳腺が詰まりやすく、乳腺炎になりやすいです。

断乳する場合は、母乳外来や桶谷式の助産師の方に乳腺を閉じるためのおっぱいマッサージをしてもらう必要があります。

授乳を終えたお母さんの体の変化

卒乳や断乳したあとは、自然に母乳が生産されなくなります。

母乳が生産されることで、オキシトシンやプロラクチンも出なくなるので、ホルモンバランスが大きく変わります。

プロラクチンは排卵を抑える作用があるので、授乳を終えると生理が再開することもあります。

生理の再開は個人差があるので、早く断乳したり、授乳回数が少ないなどでは、生理の再開が早まり、出産後半年くらいで生理が再開する方もいます。

卒乳を目指しているお母さんは、生理の再開が遅くなる傾向があり、出産後1年以上開く場合があります。

しかし、生理が再開しても妊娠・出産という劇的なホルモンの変化を経ているので、排卵機能は妊娠前と全く同じに回復するわけではないです。

授乳を終えた後のおっぱいのケアは?

卒乳の場合

卒乳の場合、自然に授乳回数も減り、それに伴いおっぱいの生産量も徐々に減っていきます。

そのため、自然に授乳を終えると、自然におっぱいも出なくなります。

なかにはおっぱいの生産量が多く、卒乳後も乳腺炎などに悩まされるお母さんもいらっしゃいます。

断乳の場合

断乳は、お母さんの都合により突然授乳を終わらせることです。

なので、おっぱいは突然飲まれなくなっても、おっぱいは生産され続けるので、乳房のなかにある乳腺というおっぱいが通る道がおっぱいで詰まってしまい、おっぱいが炎症をおこしてしまいます。

乳腺炎は、本当に痛いし、体も熱がでます。乳房もガチガチに固まってしまいます。

なので、自己判断で放置しないで、抗生物質の薬を飲んで治療をすることをお勧めします。

そして、母乳外来へかかり、おっぱいの詰まりを取るケアをしてもらってください。

まとめ

卒乳にも断乳にも、メリット・デメリットがあります。

あなた自身がどうしたいか、どんなおっぱいライフをしたいか、じっくり考えてみてほしいです。

子どもと過ごせる時間は限りがあります。赤ちゃんの時期は短いので、素敵なおっぱいライフを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました