スポンサーリンク

【トイレのリフォーム】タイプ別のトイレの特徴を知ろう

こんにちは。ぽうまるです。

私の実家は古いです。そろそろリフォームしたいのですが、なかなか話は進みません。なので、いつか実家をリフォームするときがきたら、スムーズにリフォームできるように日々勉強しています。

今日はトイレについて調べてみます。

トイレって、調べてみると色々種類があるんですね~。

実家のトイレをキレイにリフォームしたことを妄想しながら調べたので紹介します。

スポンサーリンク

組み合わせトイレ

組み合わせトイレ

組み合わせトイレというのは、トイレ本体(便器部分)と便座部分を別々に購入して、一つのトイレとして組み合わせたトイレのことを言います。

組み合わせられる便座を自由に選ぶことができます。

ウォシュレット機能も、温かい便座機能も必要ないのなら、シンプルなトイレを便座と便器をセットで購入すればいいです。

しかし、やっぱり冬は温かい便座がいいとか、ウォシュレット機能はあった方がいいとか、消臭機能もほしいとか、トイレを使用する人によっては、必要な機能もそれぞれです。

なんの機能もないトイレはやはり物足らない場合は、必要な機能がついた便座を組み合わせることで、快適なトイレタイムを満喫できます。

組み合わせトイレは設置費用が安い

組み合わせトイレのいいところは、設置費用が安く済むことです。さらに故障した時も便座だけ交換すればいいので、交換費用も安くすることができます。

組み合わせトイレが、一般的に普及しているのは、設置費用が抑えられるからなんだろうなと思います。トイレのリフォームとして、今あるトイレの便座だけ交換することで、今までよりも快適になるんだから。

組み合わせトイレの設置費用は工事費も入れて約25万円~。数年後の便座交換はも数万円を費用も安く、お財布に優しいですね。

組み合わせる便座のタイプは貯湯式と瞬間式

ウォシュレット機能のある便座には、タンクの水を常に温めておくタイプ(貯湯式)と、使う時だけ瞬間的に温めて温水にするタイプ(瞬間式)とあります。

貯湯式はタンクの水を常に温めておくので、電気代がかかります。しかし、便座自体の購入費用は安いです。約1万円程度で購入できます。

瞬間式はウォシュレットを使う時に瞬間的に温水にするので、電気代はかかりません。しかし貯湯式に比べて機能が高度なのか、便座自体の購入費用は貯湯式に比べて高めです。約2~3万円程度です。

瞬間式便座の方が機能も充実してるし、使う年数も考えると、瞬間式便座をオススメします。

組み合わせトイレの便器はタンクありのトイレ

組み合わせトイレで選べるトイレの便器部分は、タンクがあるタイプしか選べません。タンクがあるので、手洗い付きか、手洗いなしかを選ぶことができます。

タンクがあるので、圧迫感はあります。トイレを設置する場所は広い方がいいでしょう。

また、昔のトイレと違って、最近のトイレは節水タイプが主流です。一度水を流すとタンク内に水が溜まるのにも時間がかかります。

便器と便座のサイズ合わせが大事

便器と便座をそれぞれ購入するので、便器と便座のサイズは同じになるように購入しましょう。

私も知らなかったのですが、便器には大きめの便器、小さめの便器があります。

現在、賃貸アパートで生活しているのですが、便座は個人的に購入し組み合わせて使っています。私が以前住んでいたアパートのトイレではサイズが合っていたのですが、今のアパートのトイレでは便器の方がやや小さめなので、便座とのサイズが合ってません・・・。

ぽうまる
ぽうまる

・・・便器と便座のサイズが合ってないから、汚れやすいんです。

なので、便器と便座のサイズ合わせは大事です!!覚えておきましょう。

というか、リフォーム業者に「組み合わせたトイレにしたいので、サイズの合うトイレを教えてください」と言えば教えてくれますので、忘れないように伝えましょう。

一体型トイレ

一体型トイレは便器・便座・タンクが一つのトイレとして一体化しているトイレです。すでにウォシュレットなどの機能が付いたトイレですね。

これもタンク付きなので、タンクの上に手洗いがあるといれか、手洗いがないトイレかを選べます。

節水タイプが今の主流なので、一度流すと次に流したいときは、タンクに水が溜まるまで流せません。

タンク付きのトイレでも、スタイリッシュでオシャレなトイレもたくさんあるので、選ぶ楽しさはあります。

ウォシュレット機能などが故障したらまるごと交換

ウォシュレット機能や便座を温める機能があるので、機械と同じです。いつかは壊れます。

故障した際は、一体型トイレなので、トイレ全部を交換しないといけません。

なので、故障した時も、リフォームと同じよう費用がかかります。一体型トイレのリフォーム費用は約30万円~です。

トイレがどれくらいの年数使えるかにもよりますが、10~20年くらいで交換することになります。実家は一体型トイレで15年くらいでウォシュレットが故障して交換しました。

タンクレストイレ

タイプ別トイレ

ザ・オシャレなトイレですね。人気のトイレではあるけど、まだまだトイレ自体の価格も高いです。タンクがないので今までのトイレルームが広く感じます。

ウォシュレット機能などが故障したらまるごと交換

リフォーム費用は約40万円~です。故障による交換は、トイレ丸ごと交換なので、交換費用も約40万円~ということになります。

またタンクがないので、水圧の弱いところでは設置が難しいです。

衛生的で掃除がしやすい

タンクがなくスタイリッシュな形状なので、掃除もしやすいというメリットもあります。また便器の素材が樹脂製だと撥水効果もあり、汚れが付きにくく衛生的です。

システムトイレ

タイプ別トイレ

トイレ空間の全体がセットになったトイレです。トイレの中に手洗いスペースもあり、収納スペースもあり、トイレ自体もオシャレでキレイ。

トイレの形状は、タンクありか、タンクレスかを選ぶことができます。

トイレ空間丸ごとセットになっているので、気に入った商品があればカタログ写真そのままのイメージで出来上がります。

手洗いスペースの設置は、元々ある給排水を利用するので、大掛かりな給排水工事ががなく、工事に何日もかかるということはないです。

トイレだけのリフォームと違って、床クッションフロア張り替え、 壁クロス張り替えもセットなので、トイレ空間丸ごとキレイにリフォームされます。

便座の故障で大掛かりな工事

便座(ウォシュレット等)が故障してしまった場合には、便器も含めたトイレ全体(手洗い・カウンター部分含む)を丸ごと交換しなければいけないんです。

場合によっては大掛かりな工事となり、費用もその分かかります。

まとめ

トイレと一言で言っても、どんな機能がほしいか、オシャレがいいのか、どんな空間にしたいかで選ぶトイレも変わってきますね。

トイレは私たちが生活する上で、一日に何度も使う場所だし、絶対にかかせない場所です。

使いやすさ、メンテナンスのしやすいさ、故障した時の費用などを考えて購入を検討したほうが良さそうです。

トイレって、色々機能や種類が合ってし調べてみて面白かったです。

 

タイトルとURLをコピーしました