スポンサーリンク

PTAを退会するときに考えておいた方がいいことがある

PTA退会

こんにちは。ぽうまるです。

私は、PTAを退会しました。理由はいろいろありますが、一番には家での子どもとの時間を大事にしたいから。

PTAは任意のボランティア団体なので、本来なら保護者の意思で「入るか・入らないか」を決めていいはず。なぜか自動的に入会してるパターンのPTAが多いので、保護者の中には任意であることも、退会できることも知らない方もいます。

退会することで、子どもへの不利益があったら・・・と不安になり退会できない方もいます。

PTAを退会しても、子どもへの差別はあってはいけない。PTAは在籍するすべての児童を対象にしているから。決して、非会員の子どもだからと避けものにするにはダメなんですが、実際に子どもが差別され裁判になったケースもありました。

退会するにしても、今まで前例がないと、退会する側も、PTA側も、どう対応していいか迷う部分もありますね。

退会した後に、あなたも、あなたのお子さんも安心して学校生活を送れるよう、あらかじめ決めておいた方がいいことを紹介します。

すでに何人もPTAを退会している保護者もいて、非会員への対応がある程度決まっているPTAの場合はそのPTAに従えばいいと思います。そういうPTAはおそらく任意の周知もされ、入退会に対して柔軟に対応しているから。

今回は「たぶんPTAを退会したのはウチが初めて?」の家庭を対象に記事を書いています。

PTA退会第一号でも大丈夫!穏便にすんなり退会したいあなたへ
こんにちは。ぽうまるです。 私はPTAを退会しました。もともと人と積極的に関わるのが得意ではないので、PT...
スポンサーリンク

登校班はどうする?

PTA退会

本来、登校班は学校が担当しているものなので、PTAを退会することで子どもが登校班に入れないなてことはありませんし、あってはいけないことです。

なので、PTA退会後も子どもは今まで通り登校班に入れてもらえるし、登校はできます。

しかし、周囲の保護者の方の心情はどうでしょう。登校班による通学が安全に行われるようにパトロールしたり、旗当番をしているのは保護者たちです。PTAに入っていないためこういう仕事もなくなりますが、非会員の子どもが登校班に入っていることで、他の保護者の方は「あそこの子がいるのに、旗当番しないなんてズルい」とか思うかもしれません。

その気持ちはよく分かります。逆の立場なら・・・と考えると理解できます。なので、無理に登校班にしがみつく必要もないかもしれませんね。子どもが辛い思いをするかもしれないと感じるなら、別の方法を模索しましょう。

近年、通学中の子どもたちに自動車が追突する事故が多発しています。登校班が安全かどうかも、しっかり考えてみてもいいかも。

ちなみに私は毎朝、送迎しています。夕方は学童保育なので、私が迎えに行って、学童保育がない日は、下校時登校班に入れてもらう形にしています。

旗当番に対して負担がないのであれば、登校班にもいれてもらい、旗当番も参加するという形もあります。

ご家庭で話し合ってみましょう。

夏休みのプール当番はどうする?

PTA退会

夏休みに学校のプールを開放しているところもあるかと思います。全国の約6割くらいの学校で夏休みのプールがあります。

そして、夏休みのプールで子どもたちの監視を担当しているのがPTAです。

そのためPTAを退会した保護者の子どもは、「夏休みのプールには入れない」とか、「プールに入るなら保護者が同伴して監視して」とか差別が起こるケースがあります。

炎天下の暑い中、子どもたちがおぼれないように監視している保護者からしたら、「なんで非会員の子どもまで監視しないといけないの」って感じるんでしょうね・・・。悲しいですね。

PTAを退会することでこういった差別は起こりうる話です。何度も言いますが、そんないじめみたいなことはしちゃダメ。PTAは在籍する児童全員に平等に支援する団体だから。

法的に言って差別はダメでも、会員の感情的にはそうはいかないんだろうね。

私は、夏休みのプールは参加していません。ここ数年、夏の気温上昇にともない熱中症の危険も高いからです。子どもも、夏休みに大勢とはいるプールは苦手と言っていたので、遠慮しています。その分、週末は屋内プールへ行って一緒に楽しんでいますよ。

熱中症の危険も多いから、近年夏休みのプールが廃止になっている学校もあります。

役員決め名簿はどうする?

PTAを退会したから役員をやる必要はなくなります。役員決めにも参加する必要もないです。

各PTAによって役員の決め方が違うので一概には言えないので、これは私の場合になります。あくまで参考程度に。

クラス役員を決める際に、各クラスの子どもの名前と保護者の名前が書かれた推薦用の名簿が配られます。備考欄には「役員経験済み」などが書いてあって役員を済んだ人は選べないようになっています。

つまり名簿に全員の名前が書いているので、非会員の場合、子どもと保護者の名前がないということになります。そのため、他の保護者の方が、「あれ?あの人の名前がないけどどういうことお?」ってなります。

PTAを退会したことは、いずれ他の保護者には分かってしまいます。噂されるかもしれません。「そんなの気にしない」場合はそのままでもいいでしょう。

気になる場合は、クラス役員決めの推薦用紙に名前を載せてもらうというのもいいと思います。そのかわり絶対に選べないようにしてもらう必要があります。

例えば、選ばれてしまっても除外してもらうとか、備考欄にコメントを書いて選べないようにすてもらうなど。ここはPTAと応相談ってことです。

会費はどうする?

PTA退会

PTAを退会したので、会費を払う必要はありません。

しかし「それじゃあ、気が引ける」と思うなら寄付という形で納めてもいいと思います。寄付で会費と同額納める場合、PTA会計報告には寄付の欄に記入されることを確認しましょう。会員ではないので、会費として扱うのは間違いなので。

卒業記念品やコサージュなどにもかかわってくるし、これもまた「非会員のくせにPTAのお金を使うなんて許せない」っと思われる保護者がいるのは確かです。

卒業記念品がPTAから出ているから、「非会員のくせに」という感情が出るので、そもそもPTA会費から出さなければいいと思うのですが・・・。

ほかの保護者には説明する?

PTA退会

PTAを退会したことは、あえて他の保護者に伝える必要はないと思います。個人情報ですし、退会するか会員のままでいるかは、あくまで個人で決めることです。

それに、いずれ嫌でも噂は広がります。

噂も気にする必要はないでしょう。コソコソ噂して「ズルい」とか言われても気にする必要もないです。噂もそのうちなくなりますよ。

まとめ

とりあえず代表的なところで紹介しました。PTAによっては他にも考えておかないといけないことがあるかもしれませんね。

PTAを退会することで子どもへの不利益があってはいけません。

退会する側としても、子どものために考えておいた方がいいので、「退会したんだから、もう関係ない」と言わず、夫婦で話し合っておきましょう。そしてPTAに「こうしてほしい」と話を通しておくことをオススメします。

 

 

スポンサーリンク
学校と保護者
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました