スポンサーリンク

トイレをリフォームするならスペースは広くしたい

トイレは広く

ぽうまる
ぽうまる

こんにちは。ぽうまるです。

トイレは狭い空間で落ち着きたいですか?それとも広いトイレでゆったりトイレの時間を楽しみますか?

トイレ自体は、排せつをする場所。けれど、トイレは1日に何回も使う場所です。何回も使う場所だから、適当に選んじゃだめです。

百貨店などのトイレを使ったことがあると思います。高級感があって、用を足すだけなのに、なんだかリッチな気分にさせてくれますよね。きれいなトイレにいると気分も良くなるし、トイレに行く時間が楽しくなります。

スポンサーリンク

広いトイレは空間を有効活用できる

トイレ空間が広いとメリットもあります。

収納スペースが作れる

トイレ空間が広いということは、収納スペースを作ることができます。

掃除道具を収納したり、トイレットペーパーのストックを収納したり。

スペースがあるので、トイレに必要なものをキレイに収納してスッキリさせることができるのは、主婦としてはありがたいですね。

手洗いスペースを作れる

トイレは広く

システムトイレというタイプのトイレに手洗いスペースがセットになっているように、トイレ空間が広いことで、独立した手洗いを作ることができます。

しかしシステムトイレの手洗いは、トイレの配管を手洗いにも伸ばして水を流れるようになっています。

この場合、システムトイレへとリフォームしてもいいのですが、ここはあえて独立した手洗い用の水道を設置したいなと思います。

システムトイレでは、トイレの一部が故障した場合、トイレも手洗いスペースも丸ごと修理しないといけないかもしれません。

手洗いを独立して配管しておけば、トイレが故障しても手洗いへの支障はないし、トイレだけ修理すればいいのです。

掃除がしやすい

トイレ掃除

トイレが広いと、当然掃除もしやすくなります。トイレの後ろをキレイに掃除したいときも、手が届き思い通りに掃除ができます。

介護が必要になったときのために・・・

トイレは広く

将来的に、自分が年を取り体が思うように動けなくなった時に、誰かに介助をしてもらう必要が出てきます。そんなときにトイレが狭いと介助する側も介助しにくいんです。

そして車いすが必要な時も、トイレが広いと車いすごと入ることができます。

また一人で用を足すときも、トイレが広いと万が一転んでも壁などにぶつかるリスクが減ります。

一般的なトイレ空間の広さ

一般的なトイレの広さについて調べました。

マンションの場合:幅80cm×奥行き120cm(約0.4坪)
戸建ての場合:幅80cm×奥行き160cm(約0.5坪)

と言われています。

マンションも、戸建ても、家の大きさによってはこの広さでトイレが作れる場合、作れない場合もあるので、あくまで一般的なのですが。

約0.4~0.5坪と言われるとイメージしにくいですが、幅と奥行きと言われるとメジャーで測ってみてどれくらいかイメージしやすいですね。

ここにあとは天井までの高さも加わえてみましょう。

リフォームの場合、すでにある家をキレイにするので、天井の高さを変えるのは難しいのかもしれません。

もし幅と奥行きが意外と狭くなってしまうなら、ちょっとでも空間を広く見せるために天井を高くできるといいと思います(素人考えですけど)。

今住んでいるアパートのトイレは、幅は80㎝あるのですが、奥行きがなく、トイレに座るとすぐ目の前にドアがあります・・・。座って前かがみをするとドアに頭をぶつけます・・・。

トイレが狭い

初めてアパートの内見をしたときに、「せまい!!!」と感じて迷いましたが、住むことに決めました。まあ、実際は慣れてしまい、なんとも思わなくなりましたが(笑)

ちなみにわが家のトイレ空間のサイズを測ってたら、奥行き115㎝、幅71㎝でした。

でもやっぱりトイレは広い方がいいなって思いますね・・・。

広いトイレの理想的な広さはコレ!

しかし、私が求めているのは、「広いトイレ空間」です。

ぽうまる
ぽうまる

ゆったりとした気持ちでトイレタイムを満喫した~い。

いずれ高齢になり、介護が必要になったときのことを考えて、トイレは2人(介護する人、される人)は入れる余裕が欲しいところ。

バリアフリートイレ:幅160~180cm程度×奥行き160~180cm程度(約0.75坪~)

住む人が、どれくらいの大きさなのかということも大事です。体格が大きい人なら、その分広さは必要になります。

家の設計をするときには、「広いトイレ」と希望していること、介護が必要になったときのこと(バリアフリー)、手洗いがほしいこと、収納がほしいことを希望をすべて伝えることを忘れないようにしましょう。

まとめ:トイレのリフォームで悩んだらまずは相談

家の広さがあって、リフォームを考えているなら、ぜひトイレを広くしてみませんか?

トイレも含めてリフォームを検討している方は、一社にリフォームを依頼する前にはちゃんと色んなリフォーム業者があるので、見積もりも含めてどこがあなたと相性がいいリフォーム業者か検討してみましょう。

家のリフォームはたくさんのお金を使います。大事な資金を使うので、絶対に失敗しないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました