スポンサーリンク

【タンデム授乳の方法】子供二人の同時授乳。タンデム授乳って何?

タンデム授乳
スポンサーリンク

タンデム授乳って何?

タンデム授乳とは、上の子の授乳期間が終わらないうちに赤ちゃんが生まれた場合や生まれてきた赤ちゃんが双子だった場合に、両方のおっぱいを同時に授乳したり、時間差で授乳することをいうそうです。

赤ちゃんを妊娠した場合、当然のように断乳してしまいがちですが、自然に卒乳を目指すお母さんにとって、タンデム授乳はメリットがありそうですね。

妊娠中に授乳しても大丈夫?

出産後、授乳することによって、「プロラクチン」や「オキシトシン」というホルモンが排卵を抑制し、子宮を収縮させながら、回復を促してくれています。

プロラクチンは母乳を作る作用、オキシトシンは母乳を出す作用があり、授乳中のお母さんにとってとても大切なホルモンです。

これらのホルモンが子宮を収縮させるという点で、産婦人科のお医者さんの中には、断乳をすすめてくることもあります。

しかし、基本的には妊娠中の授乳は可能なことが多いです。なぜなら24週までは子宮がオキシトシンによる刺激を受けることはなく、臨月にも出産を引き起こすほどのオキシトシンが分泌されることはないと言われています。

なので、きちんと妊婦健診を受けて、切迫流産や切迫早産の心配がない限りは、妊娠中でも問題なく授乳は可能です。

ただ、タンデム授乳を推奨しているわけではないので、妊娠中は特にお母さんの体を優先させてください。

妊娠中の授乳は子宮が張ることもあるからしんどい時はやめよう

私は次女を妊娠中、上の子の授乳をしていました。つわりでしんどかったときは、さすがに子どもに「ごめん。ママはお腹がつらいから、おっぱいは少し休憩ね」と言って、回数を減らしていました。

安定期に入ってからは普通に授乳していました。朝と夕方、寝る時、夜中と1日4~5回くらい。

とくにおなかは張ることはなかったので、気にしてなかったです。

でも臨月になってからは、授乳するときに、「キュウ~」っと子宮が収縮する感じがあったので、上の子に「もうすぐ赤ちゃんが生まれるから、お母さんお腹が痛くなるの。だからちょっとおっぱいは少なくしようね」と話して回数を減らしていました。

タンデム授乳をしよう

双子や年子、上の子がまだ卒乳出来てないときなど、2人の子どもの授乳をするなら、タンデム授乳をしよう。

私の場合は、姉妹2人のタンデム授乳でした。年は2つは慣れていますが、上の子はおっぱい大好きおっぱい星人(笑)。妊娠中の卒乳なんて、本人はするつもりもないし、私も自然卒乳を目指していたので、考えもしなかった。

同時に行う

同時に授乳する場合は、下の子を授乳クッションに泣かせた状態でおっぱいを吸わせ、上の子は反対側のおっぱいを座った状態で吸ってもらいます。

下の子がお座りができるようになったら、2人とも座った状態で縦抱きにして同時におっぱいを吸わせます。

夜、寝る時は2人の子をそれぞれ左右に腕枕しながら、同時に左右のおっぱいを吸われて、そのまま就寝です。私もおっぱいをさらけ出しながら寝てしまう・・・。

時間差で行う

下の子授乳を先に行いましょう。左右5分ずつを2クール吸わせたら、上の子の授乳をします。

上の子はご飯も食べられるけど、下の子はまだまだ母乳が大事な栄養源なので、吸わせる順番は必ず下の子からにします。

タンデム授乳のメリット

おっぱいが詰まりにくい

上の子が強い力で吸ってくれるので、母乳の分泌はどんどん促されて、下の子はたくさんの母乳を始めから飲むことができます。

また、2人がたくさん飲んでくれるので、乳房が詰まりにくく乳腺炎など起きにくくなります。

上の子の赤ちゃん返りが少ない

下の子が産まれて「お母さんがとられた」と感じてしまうかもしれないけど、上の子と授乳タイムが作れることで、上の子とスキンシップができ、赤ちゃん返りも比較的軽く済みます。

溜まり乳の人にはありがたい

おっぱいがたくさん生産されやすい場合、どんどん溜まってしまう。下の子の吸う力では飲み切れないおっぱいを上の子が飲んでくれるので、作られたおっぱいがすっきりなくなってくれるので、本当にありがたいです。

タンデム授乳のデメリット

お母さんの負担が大きい

成長した上の子を抱っこするのは大変。上の子は自分で動けるので、おっぱいが欲しかったら自分で服をめくっておっぱいを飲んでくるのですが。

また二人からおっぱいを飲まれるので、お母さんがしっかり栄養を摂っていないと、貧血になったら栄養不良になって、おっぱいがでなくなってしまうかもしれません。

まとめ

タンデム授乳は体力が必要です。

私は2人をタンデム授乳することで、子どもたちから「大好き」って愛情をたくさんもらいました。同時に授乳したこともあるし、時間差でもあげていました。とっても貴重な体験をさせてもらいました。

しかし、あたなは私とは違います。あなたの気持ちと体調を大切にしましょう。

「しんどい」と思ったら、やめてもいいと思います。

同時に飲むのがつらいなら、時間差にしたり、上の子には言い聞かせて自分からおっぱいを卒業できるようにしてあげてもいいと思います。

けれど、間違ってもいきなり断乳はしないであげてください。下の子が産まれて、下の子に付きっきりのお母さんをみて、とってもさみしい気持ちのはずです。

大好きなお母さんが下の子にとられ、さらにいきなりおっぱいまでなくなったら・・・。

タンダム授乳がつらいのは分かります。すぐに上の子を断乳させたいかもしれないけれど、どうかゆっくり話しかけて「お母さん、体がつらいからおっぱいバイバイしてくれない?」と話しかけて、自分からバイバイできるチャンスをあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました