スポンサーリンク

【実家の片付け】片づけ業者を呼ぶことを親に説得する方法

実家の片付け

こんにちは。ぽうまるです。

私の実家は築50年くらいで、大工である父が実際に自分で建てた家です。父にとっては若い時に自ら建てた思い入れのある大事な家です。

けど実際は年々物が増え続け、床やお風呂とか、ところどころ傷んできてそろそろ限界なんじゃと思ってます。

片付けたいし、キレイにしたい!

子どもの私は切実に「実家をなんとかしたい」って思ってるけど、当の本人である両親はあまり関心がないんです。

片付け業者に依頼したいけど、今の状態では父も母も了解してくれる可能性は低い。

理由は、父は頑固で人の言うことを聞かない、母は近所の目を気にしてるし他人を家に入れることを嫌がってるから。

さあ、そうやって両親に理解してもらい、片付け業者に依頼しようか考えてます。

スポンサーリンク

親がなぜ片付け業者を反対するのか

赤の他人が家に入ることへの抵抗感

実家片付け

知らない人をプライベートな空間に入れるのって勇気がいります。

私も水道屋さんとかガス屋さんとかアパートに来てもらう際、「部屋を見られてる」という恥ずかしさがあります。

誰だって、赤の他人を家に入れるのは、なんか怖いし、見られるのは恥ずかしいし、イヤなもんです。

ましてや片付け業者は、赤の他人で、しかも色々触られるし持っていかれるしで、泥棒にでもあったぐらいの不安や恐怖感があります。

なので、片付け業者の方が安心できる人だということをアピールしていく必要があります。

もし片付け業者に依頼するときは、貴重品は別に保管しておこうねっとしっかり親に伝えておくことも大事ですね。

自分たちでまだまだ片づけられるという過信

実家かたづけ 

体力の低下、思考力の低下、反射の低下など、年を取ることで人間は衰えていきます。

それは当たり前なんですが、その当たり前の老化を受け入れられず「まだまだやれる」と自分が年を取っているという自覚がなく、変な自信だけが独り歩きしている状態の親世代。

そのため実家の片付けも「自分たちでできるから、変な業者は呼ばんでいい」と片付け業者を受け入れてもらえないなんてことがあります。

それで自分たちで家の片付けができればいいのですが、これまでできなかったことがいきなりできるとは思えません。

だからといって、「もう年なんだから」なんて言ったら、さらに頑固になって話を聞いてさえくれなくなるので言わないようにしましょう。

ハッキリ言って片付けなんて面倒くさい

実家片付け

「いつか片付けるから大丈夫」

「また今度やるから今はいい」

人間は楽を好む生き物です。そして親も人間です。

ハッキリ言って掃除や片付けは面倒なんです。生きていく上で部屋が散らかっていても困らないしね。

キレイ好きの方がうらやましいとさえ思います(笑)おそらくキレイ好きの親はそもそも散らかさないし、物も多くないですね・・・。

そもそも片付け業者は必要ないと思ってる

実家物が多い

父

そんなに散らかってないのに、困ってないのに、なんで片付け業者を呼ぶ必要があるのか?

親が、住んでいる家が物が多く散らかっているという現状を客観的に見れていない場合があります。

親が自覚していない場合は、孫から「おじいちゃんの家ってなんでこんなに散らかってるの?」なんて言ってもらうとガツンを心に響きます。

子どもの私たちが言っても親は聞く耳を持ってくれませんし、逆効果。なので、ここはカワイイ孫に代わりに言ってもらうと良いでしょう。

「え?もしかしてウチは散らかっているのか?」と自覚してもらえたら、こっちのものです。

片付けにお金をかけるなんてバカバカしいと思ってる

実家片付け

そもそも片付けというのは、自分でできるはずの行為です。「片付けなんかにお金をかけるなんてもったいない!」って思ってる場合があります。

そもそも片付け業者なんて必要ないと思っている親なので、そんなことにお金をかけることはしないでしょう。

なので、ココは子どもである私たちが費用を出しましょう。

そりゃそうです。私たち子供の立場からみて、実家をキレイにしてほしいと思ってるんだから、自分たちでお金を出すのは当然でしょう。

「お金の心配はいらないよ」と伝えてあげましょう。

子ども側が心に留めておくべきこと

親の性格を理解する

実家片付け

私の父は頑固だし、母は干渉されるのが嫌い。あなたの親はどんな人ですか?

自分の親の性格を見極めて、子どもとして片付け業者を呼びたいってことを、親の心にスーッと受け入れてもらえるように話し合っていきましょう。

親の性格を見極めましょう。

実家は親の家であることを念頭におく

実家片付け

実家は親の家です。私たち子どもの家ではありません。

すべての決定権は親にあります。

言ってしまえば私たち子供は、他人の家(実際は他人じゃないけど)のことに口を出そうとしているということを念頭に置いておきましょう。

誰のためでもない親のためである

実家片付け

実家が汚いことで、散らかっていることで、親が怪我をするかもしれない。

地震が起きたら家具が倒れてくるかもしれない。

親の体が心配だし、命の危険があるなら取り除きたい。

この気持ちを素直に伝えましょう。

【実家の物が多い問題】片付けた方がいい6つの理由
実家ってなんてこんなに物が多いの?なんで片づけないの?実家に物が多いことで潜む危険を紹介しています。不要になったものを捨てる片づけることで、家族が幸せになれる。そんなポイントを書いています。

親への説得方法:時間をかけてアピールする

転んで骨折でもしたら通院費用もかかるし生活が不便になると伝える

実家物が多くて危険

物が多いことで、怪我をする危険性が低くなります。

怪我をしてしまうと通院、下手したら入院なんてことにもなります。そうなると自分で生活するのも大変だし、病院への費用など余計な出費も増えます。

物が多くて散らかっていることで起こるかもしれない危険を伝えましょう。けど脅し過ぎてはいけません。「ほっといてくれ」と言われてしまいます。

日常会話の中で、そっと伝えましょう。

ぽうまる
ぽうまる

怪我とかすると心配なんだよね~。

全て捨てられるわけではないことを説明する

実家片付け

親は、もしかすると片付け業者が家に来て片付けると、イメージとしてなんでもかんでも全部片づけられるんじゃないかっていう不安をもってるかもしれません。

片付け業者のスタッフの方は捨てていい物なのか、ダメな物なのかをちゃんと確認しながら作業をしてくれます。

そして、当日一緒にいるから大丈夫だよと伝えましょう。

ぽうまる
ぽうまる

私も手伝うからね。

支払い以外の申し込みなど手配は同席してもらい親に決めてもらう

実家片付け

子どもであるあなたが実家をキレイにしたいと思って、親にお願いするのだから片付け業者への支払いはあなたがするのがいいでしょう。

しかし、片付け業者の申し込みや打ち合わせなどは、実家の持ち主である親にも一緒に入れもらうことは絶対です。仲間はずれにはしないようにしましょう。

片付けることでどんな良いことがあるのかをイメージしてもらう

実家物が多い

実家がキレイになったら、どんないいことがあるかを想像してもらいましょう。家の中がキレイになると、気持ちも明るくなってきます。このきれいな状態を保ちたいって気持ちにもなります。

また家がキレイになることで、実家が古くなったから、もっときれいにリフォームしてもっと快適に過ごしたいって前向きな気持ちになってくれるかもしれません。

汚い家で気持ちもドヨーンとして生活するよりも、キレイな家でイキイキと元気でいてほしい。

親にはいつまでも元気ていてほしいものです。

この気持ちをしっかり伝えましょう。

キレイになった実家なら頻繁に帰ってこられるとアピールする

実家片付け

実家がキレイになれば、孫たちも喜んで遊びに来るし、お泊りだってどんどん行ける。

ちょっと姑息な手ですが、「孫の成長を一緒に見てほしい」とか、「きれいな家になったら孫が遊びに来たいって言ってるから片付けよう」とか言ってみるのもいいでしょう。

親が自分で決断して依頼することが重要

親自身が「あ、片付けはしないといけないよな。でも自分たちだけじゃできないから片付け業者にお願いするか」って思ってくれないと実家の片付けは進みませんし、ましてや片付け業者にお願いするなんて発想すらない。

大事なのは、親自身が決めて片付け業者を依頼すること。

親が決めることで、片付けが終わった後の親の満足感が違います。

周りに言われて渋々片付け業者に片づけをお願いしたとしても、どこか不満が残ります。

「アレがない、捨てられた」「大事な書類がなくなった」なんて言い出すかもしれません。

子どもである私たちが勝手に片付け業者を呼んで実家をキレイにしたとしても、親は「子どもたちのせいで、前より住みにくくなった」と思ってしまう可能性があります。

人間は自分の行動や選択を自分で決めたいという欲求があります。そして、その欲求が犯されると思うと無意識に「抵抗」してしまうことろがあります。

子供の頃、親に宿題をやれと言われると途端にやりたくなるなる。あの心理的反応です。

大人になっても同じで、周りにアレコレ言われると反発したくなる生き物だと覚えておきましょう。

親が自分決めて片付け業者にお願いしてキレイにしてもらうことで、

「自分で決めた」+「結果、家がキレイになった」=心が満たされ満足感が得られるということです。この満足感をしっかり親に味わってもらいましょう。

まとめ:親の理解なくして片付け業者は依頼できない

実家の片付けは、片付け業者に依頼することで、何日も掃除しないといけないという時間的問題、何日もかけて片付けないといけない体力的問題、なかなか思うように片付かないことに悩む精神問題を1日で解決してくれます。

ただ実家の持ち主である親が、片付け業者を実家に招き入れるということを嫌がる場合もあるので、勝手に決めずじっくり親を説得していく必要があります。親に了解してもらうことが片付け業者を依頼する上で、一番の課題でしょう。

キレイな実家を取り戻すためにも、親への説明には時間をかけましょう。

時間はかかるかもしれません。けど最終的に親の理解を得られればキレイになった実家を見る日は近いでしょう。

【実家の片付け】手に負えないなら片づけ専門業者に相談しよう
実家ってなんてこんなに物が多いの?親は土井して片づけないの?そんな悩みをもつ方も多くいます。私もその一人。片付けるのにも時間もいるし、体力も使う。早くなんとかしたい!そんなときは片付け業者にお願いするのも手ですよ。
タイトルとURLをコピーしました