スポンサーリンク

母乳育児は保健師、助産師で考え方が違う?

母乳育児の見解

私自身、過去に自治体で保健師として勤務し地域のお母さんたちの子育て相談に携わってきました。

そして、二人の子供に恵まれ、出産時に助産師の方々と患者として接することができてました。

そして、お互い専門職でベースに看護師資格があるのに、保健師と看護師とでは若干考え方が違うように思えたので、私の感じた保健師と助産師の母乳育児に対する考え方の違和感をお伝えします。

スポンサーリンク

助産師の指導の仕方

まず、助産師の方は、妊娠から出産、マタニティークリニックごとの方針よっても違うと思いますが、助産師は、妊娠中は胎児にとって最適な食事について運動方法など出産に向けて、お母さんになるためのケアをしてくれます。

また母乳育児に向けて、乳首マッサージなどのケアもしてくれます。

そして、出産時の介助、出産後のお母さんの体のケア、母乳育児を確立するための母乳のあげ方、赤ちゃんの吸わせ方のサポート、母乳のために良い食事の方法を教えてくれます。

出産後、退院しても母乳外来といって、母乳育児の悩み相談から、張りすぎた乳房のケア、乳腺炎の予防の仕方、搾乳の仕方など、母乳育児に関すること全般を相談できる助産師による外来を行っている場合もあります。

助産師というのは、お母さんになる女性の妊娠から出産後までのケアと、その赤ちゃんのケア、母乳育児のサポートが役割といった感じでしょうか。お母さんと赤ちゃんが助産師のケアの対象です。

保健師の指導の仕方

一方、保健師というのは、地域に住む人たち、つまり赤ちゃんから高齢者まで対象をしています。「乳幼児」「成人」「高齢者」のそれぞれのの健康をサポートをします。

地域の保健師は保健センターで「乳幼児健診」を行っています。

主に、乳幼児の発育や発達を見ています。あとは、母子関係は良好か、虐待兆候はないかなどをチェックしています。

なので、赤ちゃんが元気に育っているかというのは、助産師と同じなのですが、母乳育児はメインじゃないので、どちらかというと専門外かな。

赤ちゃんの体重が標準より少なかったら、「ミルクを足そう」って普通に言ってるかも。

授乳間隔とか、母乳に良い食べ物は何かとか、乳腺炎になったらどうするとか、私が保健師として保健センターにいた時は、正直良く分からなかったし、お母さんたちに助言できなかったな。

現在は母子手帳には、「いついつまでに断乳しましょう」という記載がないのですが、数年前までは普通に「1歳になったら、おっぱいはやめようね」とか、「まだおっぱい飲んでるの?」、「1歳になったら、フォローアップミルクを飲もう」とか、指導する保健師もいました。(今もいるのかな・・・)

でも、私も娘の乳幼児健診では、まだ授乳しているという話をすると保健師の方は「へ~、そうなんですね。」と言い、いい顔はしてなかったですね。

助産師、保健師一人ひとりでも考え方が違う

あと、産婦人科の中でも、勤務している助産師、看護師それぞれの指導方法が違って戸惑うというお母さんもいるようですね。

せめて病院内で指導方針が決まっているといいのですが・・・

助産師の中には、母乳外来を専門に色々な病院に委託されて母乳指導をしてくれる助産師もいて、おっぱいマッサージをしてくれたり、赤ちゃんの体重をチェックして母乳が足りているか、見てくれます。

私も、お世話になりました。

また、保健センターでも、乳幼児指導をする保健師一人ひとりも、母乳に対する考えが違います。ベテランの年配保健師は、断乳派が多いイメージです。

あなたの気持ちが大切です

「母乳育児をしたいか」「母乳育児を続けたいか」はあなた自身が決めていいとこです。

あなたはどうしたいですか?

周りの人が何と言おうと、周りに振り回されることなく、自信をもって決めてほしいなと思います。

まとめ

私は看護師であり、保健師です。保健師ではありますが、母乳育児をどんどんおすすめしたいんです。

そして母乳育児については助産師に相談することをおすすめします。

母乳は決して出産したら自然に出てくるものではありません。

お母さんと赤ちゃん二人の協力が必要です。母乳育児が軌道に乗るまで、支えてくれる、相談に乗ってくれる助産師を探しましょう。

母乳育児について信頼できる助産師に出会えますように。

 

スポンサーリンク
子育て
スポンサーリンク
シェアする

コメント

タイトルとURLをコピーしました