スポンサーリンク

コレが乳腺炎?原因と対処法を知っておけば母乳育児も安心

乳腺炎

こんにちは。ぽうまるです。

出産して、いざ母乳で育てようと意気込むんだけど、母乳育児には予期せぬことが起きます。

その一つが、「乳腺炎」です。

ちまたでは、乳腺炎について食事が悪いとか、こんな方法があるとか色んな情報があふれています。

何が正しいのか分からない。そんな不安を解消したいので、この記事を書きました。

母乳育児を頑張る人が、ちょっとでも気持ちが楽になるといいなと思って書きます。

スポンサーリンク

乳腺炎とは

乳腺炎とは、母乳が通る乳腺という通り道が詰まって炎症が起きてしまった状態を言います。

乳腺炎の種類と症状

乳腺炎には、うっ滞性乳腺炎、化膿性乳腺炎があります。

うっ滞性乳腺炎化膿性乳腺炎
原因乳管が十分に開いていない、赤ちゃんが母乳を飲む力が弱い、乳汁が過剰に分泌してしまう等の理由から、乳汁が溜まりがちになる授乳中の赤ちゃんが噛んだり、乳房に出来た小さな傷から細菌(黄色ブドウ球菌等)が感染して化膿する
症状・乳房が赤く腫れて、硬くなり、押すと痛みがある(授乳中に痛みあり)
・乳房は熱感がある、37.0℃台の微熱がでることも
・突然の悪寒(寒気)、ふるえを伴う38℃以上の高熱(全身の発熱)でインフルエンザと似た症状
・乳房は赤くなって大きく腫れ、激しい痛みと熱感
特徴・細菌感染を起こしていない乳腺炎
(細菌が感染すると化膿性乳腺炎に発展する)
・ほとんどは、うっ滞性乳腺炎が誘因となって起こる
・皮膚で起こる感染症の中では、最も症状の激しい病気
治療法・授乳回数を増やす
・しこりのある乳房を押しながら授乳する
・搾乳する など
すぐに病院へいきましょう
抗生物質の処方してもらいます

場合によっては乳房を切開して膿を出すことも

乳腺炎は再発しやすい人は再発しやすいです。

私も、なんども乳腺炎になってしまって、辛かった経験があります。

なので、少しでも「あれ?なんかおっぱい張ってる?」とか、「あれ?なんかおっぱい硬い?」って思ったら、早急に対処しましょう。

乳腺炎の主な原因

上の表にも原因を書きましたが、乳腺炎の原因をさらに詳しく書きます。

原因が分かれば、どう対処すればいいか分かります。

母乳が滞っている

母乳を滞らせる主な要因には、母乳分泌が多すぎる、授乳ポジションや吸着が適切でない、授乳回数が少ない、外出・仕事復帰・離乳食が始まったなどの理由で授乳の間隔があいてしまった、急な断乳などが考えられます。

乳房を圧迫している

きついブラジャーなど締め付けの強い下着、シートベルトや抱っこひもなど、長時間同じ部位を圧迫しすぎても乳腺炎を誘発しやすいんです。

白斑で出口がふさがれている

白斑(はくはん)とは、母乳の出口である乳口がふさがれて母乳が詰まってしまったときにできる白いニキビのようなもの。

白斑ができた状態を「乳口炎」と言います。

母乳の排出を止めてしまっているので乳汁うっ滞が起こり、乳腺炎の要因となります。

乳頭に傷がある

乳頭に傷があると、そこから黄色ブドウ球菌などの細菌が入り込みやすくなります。

細菌に感染すると、化膿性乳腺炎を誘発します。こうなると表にも書いたように、高熱が出たり、悪寒がしたり、インフルエンザにでもなったかような体の辛さ。

早急に病院へ行きましょう。

乳腺炎は食べもののせいじゃないらしい

甘いものや脂っこいものをとり過ぎると乳腺炎になりやすいとの声も聞かれ、そのような理由から厳しい食事制限している女性もいるかと思います。

私もそうでした。カレーやケーキなどはなるべく食べないように・・・。

私自身も「食べ物のせい?」って思ってました。

が、食べ物による乳腺炎は医学的根拠がなかった!(ウソ~、あんなに気を付けたのに~)

もちろん、健康な身体から十分な母乳が作られるのは確かなので、バランスの良い食事を心がけることは大切です。

とはいえ、「甘いものや脂肪分の多いものは絶対にダメ!」ということはない。

母乳育児はストレス厳禁です。

たまには好きなものを食べて、ホッとする時間を作って、精神の安定を保ちましょう。

それでもやはり食べ過ぎは禁物ですよ~。

民間の対処法に医学的根拠なし

これから紹介する民間療法は、今でも助産師や保健師が指導される方法です。

効果は定かではないし、医学的な根拠はないんです。それに意外と準備するのに手間がかかる。

乳腺炎で辛いときに、準備するんは大変だし、面倒です。

里芋シップ

里芋粉に水を少しずつ加えてで練って耳たぶより柔らかくペースト状に。

クッキングペーパーに2~3mm厚さにのばしガーゼをかけ、ガーゼ側を患部に当てて使う。

豆腐シップ

豆腐をつぶして、しょうがと小麦粉を混ぜて、布にのせて患部に当てる。

効果のほどは分かりません。豆腐に冷却効果があるのかも疑問です。

ジャガイモシップ

じゃがいもを1個皮をむいてすりおろし、酢を1、2滴たらし、混ぜる。

小麦粉を様子を見ながら入れ、耳たぶよりやわらかめにする。

ガーゼで包み、患部に当てる。

服などを汚し、シミになりやすいので、母乳パッドを当てて使う。

って、工程が多い。

キャベツシップ

キャベツの葉を、じくだけ除いておっぱいに当てて使います。

これが、一番手軽にできる方法なんですが・・・。

キャベツには雑菌も多くついているので、逆に乳腺炎を悪化させるかもしれないので注意です。

自分でできる対処法

うっ滞性乳腺炎の対処法は、溜まっている乳汁を除去する必要があります。

頻回授乳

授乳の間隔が3時間以上空いてしまうと、作られた乳汁が出す先を失い、溜まってく一方です。

そして、乳腺炎を起こしやすくなります。

前の授乳から3時間以内を目安に、こまめに授乳するようにしましょう。

とくに、しこりや痛みがあるときは、いつもよりも授乳回数を多くしましょう。

抱き方を変える

いつも同じ抱き方で授乳していると、赤ちゃんは毎回同じ部位(乳腺)の母乳ばかり飲むことになり、飲んでもらえない部分の乳汁がたまりやすくなります。

横抱き、縦抱き、フットボール抱き。

それに、同じ抱き方でも角度を少し変えることで、飲み残しを防ぐことができます。

マッサージしながら授乳

乳房でしこりのある部位や詰まっている部位を手で圧迫する方法です。

体側から乳頭へ向かって押すようにゆっくりとマッサージしながら授乳することで、乳汁のつまりが取れることがあります。

左右の乳房をまんべんなく飲ませる

左右の乳房で授乳時間が偏らないように、長くても左右それぞれ10分程度、偏りなく飲ませるようにしましょう。

左右の乳房で母乳の出方が異なる場合には、母乳の出にくい乳房や詰まっている方の乳房を頻繁に長く吸わせるのも効果的です。

余った乳汁は搾乳する

赤ちゃんが飲み切らずに余ってしまったら、搾乳器を使って残った乳汁を取り除き、乳房の中に乳汁が溜まらないようにしておきましょう。

搾乳器には手動タイプと電動タイプとあります。

それぞれ使いやすさがあるので、自分で良さそうなものを選びましょう。

乳首は拭きすぎない

「清潔にしなきゃ~」と神経質になって、清浄綿(クリーンコットン)で拭きすぎないようにするのも大事です。

乳輪にあるモントゴメリー腺というところから皮脂が分泌されていて、皮膚を弱酸性に保ち、細菌の増殖を抑え、乳首や乳輪を保護・保湿するという働きがあります。

拭きすぎることで、乳首を傷つけたり、乾燥しすぎたりとマイナス効果になってしまいます。

葛根湯

乳腺炎には葛根湯が効果があります。

漢方なので母乳への影響も少なく、たとえ母乳に混じったとしても、赤ちゃんへの影響はないです。

授乳間隔を気にすることなく服用できますが、どうしても気になるなら授乳直後に服用するなど工夫しましょう。

冷やす・温める

温める効果:乳房を温めて母乳を出やすくする。

冷やす効果:乳汁の出を落ち着かせる。痛みの緩和。心地いい程度に冷やすといい。

休息と水分補給

十分な休息と水分補給は、乳腺炎の予防になります。

頻回な授乳、そして授乳の間は体はしっかり休めましょう。

特に、発熱やインフルエンザのような症状があるときは決して無理をせず、休養をとってください。

その際、水分と栄養摂取にも気をつけましょう。

高熱があって食べられなくても、水分補給はこまめに行ってください。

締め付けのきつい下着は避ける

母乳は血液から作られている為、血流が悪いと乳汁の流れも悪くなり、乳腺炎を起こしやすくなります。

とくにワイヤー入りのブラジャーなど締め付けるようなタイプの下着は、乳房が圧迫して血流が悪くするので、避けましょう。

ワイヤーなしのクロスオープンタイプのブラジャーが授乳しやすいです。

自分で対処できないときは産婦人科へ

高熱が出たならすぐ産婦人科へ

それでも熱が下がらない、乳房の痛み・しこり・熱感がとれない、体がしんどい!って時には、迷わず出産した産婦人科へ受診しましょう。

抗生物質や解熱鎮痛剤など、必要な薬を処方してもらえます。

母乳外来で乳房マッサージ

しこりや痛みが強く、乳房に熱ももっている時は、炎症している状態なので、母乳マッサージは避けた方がいいです。

が、抗生物質や鎮静剤などの内服治療と並行しながら、助産師への相談はしておいた方がいいでしょう。

授乳回数や食事内容など、あなたの生活パターンに対してのアドバイスがもらえます。

まとめ:がまんしない

乳腺炎、侮るなかれ。

「これくらい大丈夫かな~」って思わないで、不安な時は産婦人科で相談しましょう。

「これが乳腺炎か」と分かれば、対処法もハッキリします。

とくに、生まれたばかりの赤ちゃんへの母乳育児は、母乳の分泌量が安定してないし、うまく授乳できない、飲んでくれないなどのお母さんと赤ちゃんの二人それぞれの技術面もまだまだ不安定。

不安や心配は母乳に一番良くないので、我慢しないでくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク
子育て
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました