スポンサーリンク

キレイで衛生的なトイレを目指すなら組み合わせトイレにリフォーム

組み合わせトイレ

こんにちは。ぽうまるです。

私の実家のトイレはかなり古くて、冬は寒いし、何十年も使ってるトイレなので掃除をしてもなんか汚いし。そろそろトイレをキレイにリフォームして、気持ちいいトイレタイムを満喫したい!

トイレのリフォームを考える時、私はウォシュレット機能を絶対に譲れません(笑)

しかし、ウォシュレット機能のトイレって、長く使っていると衛生面で心配になります。ウオシュレットのノズルも定期的に掃除をしていてもやっぱり「汚い?」ってなると・・・。

そこで、私がオススメするトイレのリフォームは、トイレ本体とウォシュレットを別々に購入し設置する!です。

スポンサーリンク

組み合わせトイレっていうんだって

トイレ本体(便器)と便座(ウォシュレット付き)をそれぞれを別々に選んで、1つのトイレにすることを「組み合わせトイレ」と言います。

そしてこの組み合わせタイプのトイレが一番、一般的に普及しています。みんなが結局選んでるトイレってことですね。

例えば、トイレのリフォームをしたいけど予算がない場合に、本体の便器はそのままで、便座だけ交換するっていうのも組み合わせトイレになります。

トイレ自体はまだまだ使えるから、まるごとリフォームするのはもったいない、費用をかけたくない場合には、簡単にできるリフォームだよね。

【トイレのリフォーム】タイプ別のトイレの特徴を知ろう
トイレをリフォームしたいと簡単に思ったいたけど、トイレにもいろんなタイプがありました。組み合わせトイレ、一体型トイレ、タンクレストイレ、システムトイレ。それぞれのリフォーム費用を考えてトイレをスレキにリフォームをしよう。

組み合わせトイレの便座は賃貸のアパートにも使える

わが家は、今は賃貸アパートで暮らしています。そして今までに引っ越しは2回しました。

2か所の賃貸アパートにあったトイレは、シンプルな「ザ・トイレ」って感じ。便座も冷たいし、ウォシュレット機能もない。

夫と相談し、家電量販店でウォシュレット機能のついた便座を買い、引っ越すたびに便座も持ち込み、冷たい便座からおさらばしています。

設置は専門の水道屋さんにお願いしましょう。(わが家の場合は、父が何でもできるので、父に設置してもらいました。)家電量販店で購入すると設置工事も付いてきます。

だた、便座とトイレのサイズがちょっと合わないので、子どもたちがよく散らかして汚れます。

賃貸アパートにあるトイレ(便器)のサイズと、便座のサイズは合わせた方がいいですね。

組み合わせトイレの便器

トイレの素材は主に陶器でできています。陶器の特徴は、「頑丈」「清潔」「水を吸収しない」「水が流れやすい」です。割れてしまうデメリットがあります。

最近では有機ガラス系新素材というのも出てきています。パナソニックの「アラウーノ」は有機ガラス系新素材でできています。

この有機ガラス素材は水族館の水槽にも使われている素材です。はっ水性が強く、汚れを水滴ごと弾き飛ばすことができ、汚れもたまりにくく、常にキレイを保てます。

汚れが飛び散らない形状、水滴がはねない工夫など、便器もかなり進化しているので、便器を選ぶのもどれを選ぼうか悩んじゃいますね。

ひと昔のトイレは、流す際の水の量も多かったけど、今では節水タイプが主流です。

組み合わせトイレのデメリットは便器とのサイズ

便座と便器をそれぞれ購入するから、サイズをしっかり確認して買いましょう。

組み合わせトイレは、便器と便座をそれぞれ選んで設置します。別々のものを合わせるので、でこぼこした場所が生まれます。

便器に対して大きな便座を買うと汚れがつきやすくなります。また掃除しにくかったりします。

最近の便座は、掃除のために便器からの着脱ができる商品もあるし、便座の継ぎ目がないものもあります。

便座の継ぎ目・・・、ここには汚れが付きやすいです。おしっこが飛び散ったりするので、どうしても汚れます。そして隙間についた汚れは落ちにくい!

組み合わせトイレのメリット

費用が抑えられる

組み合わせトイレ

トイレを丸ごと交換するのってお金がかかります。トイレ本体の交換で約25万円~、タンクレストイレへの交換だと約40万円~と言われています(SUUMOリフォームから引用)。

一体型トイレやタンクレストイレは、ウィシュレット機能が故障すると、トイレ丸ごと交換になり、リフォーム費用も高くなる。

けど組み合わせトイレは、ウィシュレットが故障したら、便座部分のみを交換すればいい。

衛生面に気になったら交換できる

組み合わせトイレ

そして長くウォシュレットを使っていると、衛生面も心配ですよね。組み合わせトイレなら数年使用して、交換することもできます。

ウォシュレットも機械なので、いずれ故障します。10年くらいは故障なく使用できるけど、7~8年も使っていると、変な音がしたり、うまく機能しなかったりするので、そんなときは便座を交換しましょう。

家電量販店でも簡単に購入できる

家電量販店にはリフォームに関連したコーナーあって、トイレコーナーも充実してるので、気軽に観に行くことができるのでいいですね。どんなトイレにしようかイメージを膨らませることができます。

大まかな費用も表示してあるので、それをもとに見積もりを比較して、自分にあったトイレリフォーム会社を選びましょう。

まとめ:トイレのリフォームは組み合わせトイレで決まり

組み合わせトイレは、実用的で、設置費用も抑えられる。

たしかに、タンクレストイレってかっこいいし、オシャレ。でもやっぱり費用が高いし、故障したらまるごと交換だよ?

私は、リフォームで抑えられる費用は抑えたいから、組み合わせトイレが一番現実的かなって思います。

そして一番は、トイレはキレイで衛生的なのが一番!

掃除をしててもなんか汚いを感じたら気軽に交換できる組み合わせトイレが、キレイ好きな人には合ってるを思うんだよね。

トイレのリフォームを検討中の方はリフォーム業者を色々調べて失敗しないリフォームをしましょう。

タイトルとURLをコピーしました