スポンサーリンク

【熱帯魚を買う前にすること】水槽の立ち上げ方法について

熱帯魚の水作り

こんにちは。ぽうまるです。

熱帯魚が生活できるように水槽内の水環境を整えないとけないです。

水槽の底砂やフィルターに濾過バクテリアを殖やして、フンなどの有害物質を処理するシステムを作るのが、水槽の立ち上げというようです。

そして、この水槽の立ち上げっていうのは、早くて2週間くらい時間がかかります。

スポンサーリンク

水槽の立ち上げの方法

日光・熱湯消毒

水槽を洗う

新しい水槽や、しばらく使っていない水槽は天気のいい日に水洗いし、日光でしっかりで天日干しします。

洗剤は絶対に使いません。微量の洗剤は魚には毒なので。

もし使う場合は、水道水で何度も何度も洗い流した方がいいですが、使わない方が安心だと思います。

洗い終わったら、日光に照らして、しっかり乾燥させます。

日光によって消毒効果も得られます。

底砂を洗う

購入したばかりの底砂は2~3回すすぎ洗いをした方がいいです。

私の場合は、金魚を飼っていた時に使っていた底石があるので、これを再利用しました。

天気のいい日に行います。バケツに入れた底石に熱湯を入れて1時間くらい放置。

その後、外で新聞紙を敷いて、その上に熱湯消毒した底石を広げて置いて、天日干しします。

時々混ぜて均一に乾燥させましょう。

飾り用の石(溶岩など)も同じように熱湯消毒します。

水草は熱湯をかけると枯れてしまうので、苔や虫がついていないか確認しましょう。あと、水道水を入れたバケツに水草を入れておくといいです。

水槽に水を入れる

水の入った水槽を置くので安定した水平な台を用意してください。

水槽や底石(底砂)がしっかり乾いたら、水槽に底石(底砂)を敷いて水道水を水槽の3分の1くらい入れます。

そして飾りの石や水草、濾過フィルターやヒーターをレイアウトして水道水を満量入れます。

濾過フィルターの電源を入れて、2週間くらい放置します。

ヒーターは、熱帯魚の種類にもよりますが、水温が大体26℃以下の場合、電源を入れてください。

私は「すごいんです」シリーズの「善玉菌がすごいんです」と「化石の力がすごいんです」と「バクテリアがすごいんです」を水槽の容量に合わせて投入しました。

あ、カルキ抜き剤も忘れずに投入しましょう。

あとは水槽の蓋は開けたままにしておきます。

濾過フィルターで水槽内の水を循環させ、水槽の蓋を開けたままにすることで、空気中のバクテリアを水中に取り込みます。

2週間くらい放置する

あとは濾過フィルターをまわしながら、2週間くらい放置します。

この期間に、どの熱帯魚を飼うか考えるといいと思います。

放置することで水槽内はバクテリアが活発になって、熱帯魚にとって過ごしやすい環境を作ってくれます。

バクテリアが元気な水は熱帯魚のウンチ、食べ残した餌を分解し、長期間水替えをしなくてもよくなります。

水槽が立ち上がったかどうかの判断は?

私は、「すごいんです」シリーズを水槽に投入しているので、立ち上げたばかりでは水槽内が白く濁ります。

ですが、何日も経過すると、水槽内の水は透き通るようになってきます。

バクテリアが水槽内の不純物を分解してくれていると判断してよいです。

2週間経過しても水槽内の水が、濁ったままの場合はバクテリアが死んでしまっていることもあるので、また初めから水槽の立ち上げをやりなおしましょう。

まとめ

熱帯魚が過ごしやすい環境を作るための「水作り」はとっても重要です。

早く熱帯魚を水槽に入れたい気持ちは分かりますが、ここはグッと我慢してください。

時間はかかりますが、ここで時間をかけた分、熱帯魚を水槽に入れた時にトラブルなく買い始めることができるので、がんばってみてください♪

スポンサーリンク
熱帯魚の飼育
スポンサーリンク
シェアする

コメント

タイトルとURLをコピーしました