スポンサーリンク

【初心者必見】費用を抑えて熱帯魚飼育に必要なものを用意しよう

熱帯魚用品費用を抑える

熱帯魚、飼ってみたいなとは思うけど、

色そろえるのって高いんでしょ?

そんなにお金はかけたくないなぁ・・・

熱帯魚を飼ってみたい♪

こんにちは。ぽうまるです。

熱帯魚って、キラキラしてるし、見てると癒されるし、かわいいし。

なんか、あこがれちゃいますよね。

ネットで「アクアリウム」とか「熱帯魚」って検索すると、おしゃれにレイアウトした水槽の画像なんか出てきちゃって。ワクワクしますよね~。

「飼ってみようかな」と思ったときは、「どんな熱帯魚を飼おうかな♪」な~んて思っていたけど、いざ調べてみると「私には、こんなりっぱな水槽作れるかな。管理とかできるかな。

それにお金もかかりそう。無理かも・・・」とあきらめそうになってません?


大丈夫!!

初心者の方でも、熱帯魚飼えますよ~!

費用をおさえつつ、熱帯魚を楽しみましょう。

この記事では、熱帯魚を飼うにあたって、用意したほうがいいものを紹介します。

※あくまで、初心者が楽しむために必要なものを紹介するので、本格的に熱帯魚を飼いたい方向けではないですので、ご理解ください。

 

スポンサーリンク

基本のセット

水槽

当たり前ですが、まずは水槽がないと熱帯魚は飼えません(笑)。

水槽を用意しましょう。

お店に行くと、色々な水槽が置いてあって、値段も高いものから安いものまで様々で、本当に迷います。

私もお店の中で、1時間くらいウロウロしながら悩んみました。(かなりあやしい客だったと思います。)

なので、水槽の設置する場所や飼いたい熱帯魚の数、水槽の素材を考慮して決めていきましょう。

水槽の設置場所

水槽を置く予定の部屋の広さを、まず考えましょう。

リビングに置くにしても、玄関に置くにしても、寝室に置くにしても、水槽を置くスペースが確保されていることが大切です。

横長の水槽、縦長の水槽、コンパクトで小さな水槽、色々あります。好みで選びましょう。

だた、熱帯魚を飼い始めると水槽の掃除を定期的にしなければいけなくなります。

なので、掃除するために「持ち運べる重さ」というのも、念頭に置くといいです。

熱帯魚の数

水槽のサイズ熱帯魚の数
15㎝(約5L)15~20匹
20㎝(約8L)20~25匹
25㎝(約15L)25~35匹
30㎝(約20L)35~45匹
45㎝(約35L)50~100匹
60㎝(約60L)150~200匹
90㎝(約150L)300~500匹
120㎝(約200L)1000~2000匹

初心者には、30㎝サイズくらいの水槽が管理しやすいです。

がんばっても45㎝サイズくらいかなと。

水槽は大くなればなるほど、値段も高くなります。

そして水槽が大きければ、その分掃除も大変になるので、使いやすさで考えましょう。

また、もし途中で飽きてしまったら、水槽など道具類は処分することになります。最悪、処分しなければいけないことまで考えて購入を検討しましょう。

でも、もし万が一、飽きてしまっても、熱帯魚は最後まで責任をもって飼いましょうね。

水槽の素材

プラスチックやガラスなど水槽によって素材が違うので、迷うと思います。

ですが、ここは「ガラス」を選びましょう。

理由は、水槽用ヒーター(この後説明しますね)を設置するからです。

熱帯魚は、感じで「熱帯」とあるように、熱帯に生息している魚です。

なので、日本のように春夏秋冬、暑かったり、寒かったりする地域では基本的には生きづらい生き物です。

なので、水槽の中は常に一定の水温を保ってあげる必要があります。

水温を保つために、水槽用ヒーターを使うのですが、水槽の素材が「プラスチック」だと、水槽用ヒーターの熱で水槽が壊れてしまう可能性があります。

水槽用ヒーターで設定する温度は約26~28℃くらいなので、一見、プラスチックでも大丈夫そうにも思えますが、もし水槽用ヒーターの故障などで突然プラスチックが割れてしまったら、部屋が水浸しになってしまうので、ここは「ガラスの水槽」にしておきましょう。

楽しむための熱帯魚のはずなのに、部屋が水浸しになってしまったら悲しすぎますから・・・



私は、初めに水槽セットを買って使っていました。プラスチックかと思ったら、ちゃんとガラス製品です。

水槽を置く台

水槽を床に置くわけにもいきませんし、管理もしにくいので、台を用意しましょう。

台に求めるのは、「水に強いか」と「安定性」です。

私は費用はかけたくないので、低いタイプのテレビ台を使っています。なので、水に対しては弱いですが、特に問題なく使用しています。

そして私がオススメしたいのは、「低いタイプの台」を選ぶことです。

背の高い台を選ぶと、掃除の際、水槽を持ち上げるのも大変ですし、餌やりも立ってすることになります。水槽を持ち上げやすい高さであることが重要です。

また、地震が起きた時も「倒れにくさ」という点で低い台をオススメします。

あ、テレビ台の場合、付属のキャスターがついていますが、これは使いません。グラグラして危ないから(笑)

水槽に敷くマット

水槽を台に置くときに、マットを間に敷くことをおススメします。

水槽のは水が入るので重くなります。マットを敷くことで緩衝材の役割もしますし、水漏れを防ぐ役割もあります。

これはそこまで費用も高くので、専用で購入してもいいし、私はヨガマットをカットして使ってます。

水槽用ヒーター

水槽用ヒーターは水槽の水温を熱帯魚にとって最適な温度にしてくれます。

熱帯魚を飼う上で、水槽用ヒーターは必需品です。

水槽用ヒーターの選び方

一言で水槽用ヒーターを言っても、何種類もあります。

本当に、どれを買っていいか訳が分かりません。タイプ別に紹介します。

温度固定型オートヒーター

一定の水温26度前後に自動的に保つヒーターです。配線が少ないので、水槽周りはスッキリします。しかし、温度設定の変更はできないので、温度の表示を間違えないようにしましょう。

温度可変式ヒーター

ヒーターに温度センサーがついていて、温度が自由に設定できます。ただし、故障したらすべて買い替えになります。

ヒーターとサーモスタットのセット

ヒーターとサーモスタット(温度変更の器械)のセットです。故障したら、故障したほうだけ交換できます。

水槽サイズと水槽用ヒーターのワット数

水槽のサイズワット数
~30㎝(10L以下)50ワット未満
~30㎝(20L以下)50ワット~
~45㎝(40L以下)100ワット~
~60㎝(60L以下)150ワット~
~70㎝(100L前後)200ワット~
~90㎝(150L前後)300ワット~
~120㎝(200L前後)500ワット~

あくまで初心者向けの熱帯魚必要な物なので、最初から高額なヒーターは買わなくてもいいかなと思います。

水槽用ヒーターも消耗品です。高額なヒーターを買っても壊れる時は壊れます。

普通に使っていれば、2~3年はもちます。とりあえず手ごろなものを購入して、熱帯魚続けられそうなら、ヒーターが壊れた時に、欲しいと思うヒーターを購入すればいいのです。

クールファン

冬にヒーターが必要なように、夏はクーラーが必要になります。ここ数年の夏は異常なほど暑いです。ということは、水槽内の水温も上昇します。

そこで、水槽用クーラーが必要になります。

しかし、水槽用クーラーは高額です。部屋のエアコンを入れたままにしておいてもいいのですが、電気代がすごいことになります。

なので、ココは水槽用の扇風機であるクールファンを選択することをおススメします。

クールファンは、水槽の端に設置しスイッチを入れるだけです。

これだけで、約4℃水温が下がります。

ただ、水槽の水面に風を当てるので、乾いて水量が減ります。なので、足し水をしましょう。

ろ過装置

水槽で熱帯魚を飼う上で、「ろ過装置」も絶対に必要です。

熱帯魚のフンや食べ残した餌など有害な物質がたまっていきます。

ろ過装置であるフィルターに水を通して、水槽内を循環させることで不要な物質を取り除き、きれいな状態を保ってくれます。

水が循環するので、水中に酸素も送り込んでくれます。

これも選ぶのは、難しいですね。何が何だか訳が分かりません。

使いやすそうだな、掃除しやすそうかなという感覚で選んで大丈夫。

濾過フィルターの種類

外部フィルター

水槽の外に設置するろ過装置です。ろ過機能も高いのですが、費用も高いです。また酸素の供給が不十分なので、別でエアレーション(酸素を水槽に送る)が必要になります。

初心者には不向きです。

外掛け式フィルター

水槽の上部に引っ掛けるように設置するタイプのろ過装置です。値段も手ごろで、中のフィルター交換も簡単で初心者向きです。

外の空気が触れて水中に戻るので、酸素の供給も十分ですが、ろ過機能は外部タイプよりは劣るようです。

また水の音が大きく、音に敏感な人は不向きかもしれません。あと、水槽の端に設置するので、水槽に蓋ができないため、水が跳ねて水槽周りが濡れる場合もあります。

上部フィルター

水槽の上部に設置するタイプです。

水槽内のポンプを使い水をくみ上げて、ろ過槽で水をろ過して水槽に戻します。水槽にフレームがついてないと設置できません。

手入れも簡単ですが、水槽上部の見栄えが悪くなるし、照明をつけたい場合は邪魔になります。

投げ込み式フィルター

水槽内に濾過フィルターを設置します。

安価ですが、見栄えは悪いかも。

水槽内に吸盤でくっつけるタイプのフィルターもあります。(私はこのタイプを使っています)

ろ過方法の種類

ひと言にろ過と言っても、そのろ過方法にも種類があるようです。

初心者なので、ココはさらっと目を通す程度でいいです。

物理的ろ過

目に見える水槽内のゴミを、アミで取り除いたり、水槽内にあるコケをスポンジでふき取ること。

化学的ろ過

ゼオライトや活性炭を水槽内に入れたり、ろ過材に吸着してろ過する方法。

生物的ろ過

濾過フィルター内にバクテリアを定住させて、水槽内の有害物質をバクテリアが分解する方法。

底砂

水槽の底に敷く砂や石です。

水草も一緒に育てる場合は、細かい砂や土がいいようです。

初心者なので、掃除しやすい細かめの石がいいです。

カルキ抜き

水換えの際に、水槽水を使っているので、これは必要です。

製品としては、ホームセンターやダイソーに置いてあるカルキ抜きを使っても問題ないです。

アクセサリー

ペットショップなどに色々アクセサリーが置いてあるので、水槽内をおしゃれにレイアウトしましょう。

なんとか岩とか、なんとか石とか、難しいです。

石によっては、水質を変化させ熱帯魚には良くない環境に変えてしまう石もあるけど、ペットショップの熱帯魚コーナーに置いてある石は、熱帯魚にとっても大丈夫なはずなので、心配なら定員さんに聞いてみましょう。

水草

緑があると水槽がとってもきれいに見えます。

石に糸でくくり付けたコケや水草も販売されているので、買ってみてもいいと思います。

ただ、水草ということは日光が必要になります。

日光が当たりにくい場所に水槽を置く場合は、水草は不向きです。

流木

水槽内にあるととってもオシャレなんですが、初心者にはなかなか難しいかも。

私も使ったことがるのですが、水槽に入れる前に熱湯で消毒して、その後水槽に入れるのですが、水槽の水が茶色くなってしまって、管理が難しかったです。

レプリカでもOK♪

初心者です。色々憧れはあるけれど、難しいからレプリカの水草とか、遠慮せず使っていきましょう。

値段も安価、管理もらくちん。

プロじゃないからね。

水作りの補助液

初心者なので、熱帯魚にとって良い環境を作ってあげるのは、難しいです。

なので、水作りや水換えのときに、補助的に必要な液体を足します。

私がオススメするのは、寿工芸の「すごいんです」シリーズです。

すごいんですバクテリア

バクテリアを強制的に水槽に入れて、フィルターに定着させます。

善玉菌がすごいんです

水の腐敗を防いでくれます。腐敗を防ぐため、臭いの発生を予防します。

化石の力がすごいんです

汚れを吸着してくれる。また水質のペーハーを中性にしてくれる。

ほかにもあるの、効能に合わせて使い分けを。

「すごいんです」シリーズは他にもあるので、用途に合わせて使い分けましょう。

水温計(ダイソー)

水温管理のために使います。ダイソーで売ってるので十分です。

掃除道具

プロホース(ダイソー)

水槽を掃除するときに使います。

ホームセンターだと数百円で買えます。

百均のダイソーにも売っているので、ダイソーで十分です。

スポンジ

百均で揃えられるものは、揃えます。洗剤は使わないので、キッチンで使用していたものは使わないようにしましょう。

歯ブラシ

少しの歯磨き粉も熱帯魚には毒なので、掃除用に新しいものを用意しましょう。

バケツ

大きいサイズで、水を入れて持ち運べる大きさでいいと思います。

掃除の際などの使うので、2個あると便利です。あと水の量が分かるようにメモリの入ったものがいいと思います。私は、自分で油性ペンでラインを書いて使ってます。

ライト

光を当てると、水槽の中を泳ぐ熱帯魚の姿がきれいに見えていいです。

私は使っていません。理由は苔がすぐ生えるから。

ライトは着けたり消したりしないといけないです。

つけ忘れたりすることが多いので、いまは自然光です。

水草を入れる場合は、日光に近い紫外線も含まれているライトがいいです。

タイマー付きのライトもあるようですが、初心者なので、慣れてきたら買ってもいいでしょう。

まとめ

安く用意できる物は安く購入しています。

私はあくまで素人ですし、本格的に水槽を大きくするつもりもないので、今での設備で満足しています。

元気に泳ぐ熱帯魚はかわいいですね。

皆さんも、アクアリウムを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました