スポンサーリンク

【実家のリフォーム】エネファームはナシ!だってコストがかかりすぎる

【実家リフォーム】エネファーム

こんにちは。ぽうまるです。

ガス給湯器のエコジョーズ、電気温水器のエコキュート、石油給湯器のエコフィール

給湯器にも省エネルギ―で環境に優しく、お財布にも優しい給湯器が普及しています。

ここにきて、エネファームという言葉を耳にするようになりました。

エネファームって何?何がいいの?

実家をリフォームするにあたって、エネファームは導入すべきなの?ってことで、素人なりに調べてみました。

スポンサーリンク

エネファームってなに?

エネファームは、自分の家で電気を作り出し、さらに電気を作る際に出る熱を利用いてお湯もついでに作っちゃう家庭用燃料電池です。

2009年から発売されてます(意外と新しくなかったですね)。

エネファームの燃料は天然ガスです。
都市ガスやプロパンガスから、水素を取り出し、空気中の酸素と反応させて発電するシステム。

正式名称は、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムです。

ぽうまる
ぽうまる

ふーん。難しい言葉使ってるけど、要は自家発電だね。

エネファームを扱うメーカー

パナソニックアイシン精機京セラが商品を展開しています。

東芝やENEOSも以前は商品を出していましたが、現在は生産終了しています。

エネファームのメリット

電力会社から家に電力が送られてくる間に、少しずつ電力が逃げてしまう(送電ロス)。けどエネファームは自宅で発電するから送電ロスがないし、発電した電力は家庭ですぐに使用できます。

発電時に二酸化炭素や有毒ガスが出ないので、環境にはとってもいい。

発電時の排熱を有効利用してお湯が作れる(給湯器として利用)

エネファームのデメリット

発電時の熱でお湯を温めるため、貯湯タンク設置が必要でかなりスペースが必要になるし、導入コストがかなり高い。補助金制度を受けても初期費用は約200万円はかかるみたい。

ぽうまる
ぽうまる

・・・これはキツイ。

太陽光発電と同じ自家発電だけど、太陽光発電エネルギーは違って、発電した電力を電力会社へ売電できない

太陽光は自然のものだからタダだけど、エネファームを動かすのにガス(都市ガス・LPガス)が必要なのでガス代がかかる

停電時に発電できない機種もあるから、災害時には弱いです。
そもそも災害時にガスが止まってしまったら発電すらできない。

工事が特殊なので、設置できる専門業者が少なく、また壊れやすくメンテナンスに対応できる業者も少ない。

エコキューと同様に、低周波の音による騒音で健康被害も出ているケースもある。

太陽光発電と併用したら発電量が上がる

エネファーム単体だと燃料に使用するガス代と多少の電気代がランニングコストとして出ます。

けど太陽光発電を一緒に導入することで、発電力がアップして、かかる費用はガス代だけになり、さらに余った電力は売電できる。

ただ、太陽光発電を導入する費用も約100万円~200万円かかるので、エネファームと太陽光発電で約400万円は必要になります。

ぽうまる
ぽうまる

高いな。

エネファームの口コミ・評判

エネファームを設置した口コミを調べてみると、「エネファームの音に悩まされている」、「故障が多い」、「元は取れない」、「発電する割に光熱費がかかる」という口コミが見られました。

最新の技術で省エネなのに、なんだかエネファームは評価されてませんね。

三菱といった大手メーカーがエネファームから撤退しているのも、メーカーとしても利益がないからなのかな。

まとめ

調べてみて、エネファームはあまり魅力を感じないなという感想です。

実家をリフォームするにあたって、抑えられる費用は抑えたい。なので工事費用が高く、ガス代もかかる、しかも災害時に使い物にならないエネファームは、今の段階では選択肢にないです。

もう少し普及し、もっとエネファーム自体が改良され、今あるデメリットが解消でてきたら、考えてもいいかもしれませんね。

 

タイトルとURLをコピーしました