スポンサーリンク

【素人目線で比較】電気温水器にするならやっぱりエコキュートの方が良い

実家リフォームエコキュート

こんにちは。ぽうまるです。

エコキュートって知ってます?

テレビCMでもよく観ますし、知らない人の方が少ないくらい「エコキュート」って言葉は浸透すんじゃないでしょうか。

でも実際のところ、エコキュートって何?何がいいの?何がすごいの?

太陽光パネルとセットなイメージだけど、太陽光パネルがないとエコキュートは設置できないの?

なんて疑問がいっぱい!

 

そして、私の実家は現在、石油給湯器を使用中。

将来的に実家をリフォームしたいけど、給湯器をどれにするか悩むので、調べてみました。

スポンサーリンク

まずは電気温水器について知っておこう

電気温水器は、電気で動くヒーター(電熱器)が内蔵された給湯器のことを言います。

電気温水器

電気ポットで湯を沸かすイメージです。

瞬間式と貯湯式があって、瞬間式はお湯を使いたいときに温めるので待機電力がかかりません。貯湯式は電気ヒーターでお湯を沸かし、沸かしたお湯を貯めて使います。

また貯湯式は夜間の電気が安い電気料金プランを契約しておけば、電気料金を節約できます。

エコキュートと電気温水器の違い

お湯の沸かし方

電気温水器

電気ヒーターを温めて、水が溜まったタンク内を温める。タンクの中はいつでもお湯が出せる状態になります。

エコキュート

ヒートポンプとは、空気の熱を熱交換器で冷媒に集め、その冷媒を圧縮機で圧縮してさらに高温にし、高温になった冷媒の熱を水に伝えてお湯を沸かすしくみです。

パナソニックホームページより引用

ぽうまる
ぽうまる

ん?どうゆこと?

ヒートポンプユニットっていう室外機から空気を取り込んで、空気を圧縮させてお湯を作る給湯器。

ぽうまる
ぽうまる

空気って圧縮できるんですね。化学は難しいです。

とにかく、空気中の熱を利用してお湯を沸かす、地球環境への負荷をおさえた自然冷媒(CO2)を用いたヒートポンプ(空気を圧縮する)給湯機ということです。

自然にあるものを使ってお湯を沸かすということなので、環境にも優しいんですね。

エコキュートは少ない電気でお湯を作る家電なので、家電量販店のリフォームコーナーで商品について知ることができます。

ぽうまる
ぽうまる

家電量販店でエコキュートしか給湯器がないのは家電だからなんだね。ガスを使うエコジョーズはガス屋さんなんだよ。

電気代

エコキュートは電気温水器のおおよそ1/3の電気料金ですむと言われています。

ぽうまる
ぽうまる

電気温水器の1/3は安いですね!

エコキュートが電気代が安いという点で人気なんですね。

設置場所

電気温水器

設置場所は、屋内でも屋外でも設置できます。けど設置場所が水を貯めるタンクの重量に耐えられるかどうかが大事なので、住宅環境よっては制限されることも。
電気温水器は本体一つのみの設置なので、スペース的にはそこまで広さは必要ないです。

エコキュート

エコキュートを設置するには、電気温水器よりも広めの場所を確保しないとだめです。

エコキュートは、お湯を貯めておく機械と室外機のヒートポンプの機械の2つの機械を設置する必要があります。

設置場所は屋外です。

エコキュートは結局何がいいの?メリットとデメリット

メリット

エコキュートの最大のメリットは光熱費が抑えられるということではないでしょうか。太陽光発電システムを一緒に導入したら自宅で発電できるので、電気代はかなり安くなります。

またエコキュートと一緒にオール電化にすることも多いので、ガス代が0円になります。ガス給湯器やガスコンロを使わなくなるので、火事のリスクが低くなる。

エコキュートのすごいところは、学習機能があり各ご家庭の過去の生活スタイルからお湯の使用量などを判断し、使用する湯量のみを沸き上げることが可能です。

災害などの非常時にタンクのお湯(水)が使用できるというのもメリットですね。

デメリット

エコキュートは設置費用がとっても高いことが有名です。太陽光発電システムも導入するとさらに費用は高くなります。日々のランニングコストは安いですけどね。

また深夜にお湯を作るので、給湯器が深夜に稼働します。お湯を作るときに出る音がご近所に迷惑になるかもしれません。騒音というより、低音の音なので、気になる人には気になってしまいノイローゼになってしまうこともあります。設置場所が隣近所を近い場合は、設置を慎重になりましょう。

エコキュートはお湯を貯めて使います。なので必要以上にお湯を使ってしまうとタンクのお湯が足りなくなってお湯切れを起こしてしまいます。

そして、普段から入浴剤を好んで使っている方は、注意が必要です。エコキュートの中には入浴剤が使えない種類があるんです。入浴剤にも使っても大丈夫な物もあるので、エコキュートを購入するときは、このへんもしっかり確認しておきましょう。追い炊きするタイプは特に注意です。

エコキュートは屋外に設置する必要がるので、ある程度の設置スペースが必要です。狭すぎると設置できません。

またエコキュートの貯水タンクの水は衛生管理上、飲み水としては使用できないというデメリットもあります。

電気温水器とエコキュートを比較してみましょう。ネットで色々調べた平均的な数値をまとめました。

耐用年数設置費用ランニングコスト(年)
電気温水器15年約5~20万円約190,000円
エコキュート10年~15年約40~70万円
100万円超えることも
約40000円~60000円

エコキュートを扱うメーカー

パナソニック日立三菱などの大手メーカーです。テレビCMでも家電と同じように紹介していますね。

家電量販店のリフォームコーナーでエコキュートについて知ることができます。

ぽうまる
ぽうまる

家電量販店には、ガス給湯器の商品は置いてないから比較がしにくいね。

エコキュートは太陽光発電がなくても設置できる

エコキュートは必ずしも太陽光発電が必要というわけではないんです。

私は今までエコキュートと太陽光発電はセットで考えていましたが、違いました。電気代はかかるけどエコキュートは設置可能なんですね。

さらにガスコンロからIHクッキングヒーターへも変えられるので、太陽光発電の設置をしなくてもオール電化にすることは可能です。

ぽうまる
ぽうまる

夫の実家がリフォームした時は、このパターンでした。

ガス代が0円になる分、電気代はかかります。なので、今の光熱費と今度エコキュートにしたときの光熱費を比較してみる必要があります。

まとめ

エコキュートは空気を圧縮して電気を使ってお湯を作る環境に優しい給湯器だと分かりました。

電気代が節約できるから、給湯器を交換するタイミングでエコキュートにしていく家庭が多いのも納得です。

さらに太陽光発電システムを導入すると光熱費0が実現する。日々の電気代を気にしないで電気を使えるのはいいですね。

ただ設置費用が高いので、もうちょっと考えてみようと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました