スポンサーリンク

【熱帯魚の飼育】死んでしまった時の対処法

熱帯魚死んだ

こんにちは。ぽうまるです。

熱帯魚って、小さくてかわいい。それに癒される~。

費用も抑えれば、気軽に飼うことができる熱帯魚ですが、生き物を飼うということは「死」とも向き合わないといけない。

今回は、もし飼ってる熱帯魚が死んでしまったときの対処法について話します。

スポンサーリンク

熱帯魚が死んでるのを発見したら、すぐに水槽から出してあげよう

いつ死んでしまったのかは分からないけど、熱帯魚が死んでるのを発見した。

そんなときは、見つけ次第、水槽から出してあげてください。

熱帯魚は死ぬとカビが生えてくるし、水槽の水質が悪くなっちゃうので。

水質が悪くなるということは、他の元気な熱帯魚たちまで、死んじゃうことになりかねない!

死んでしまった熱帯魚は、すぐに水槽から出してあげよう。

死んだ熱帯魚は「燃えるゴミに出す」

死んでしまった熱帯魚は、どうしたらいいの?

土に埋める?燃えるゴミに出す?どれが正解でしょうか?

残酷かもしれないけど「燃えるゴミに出す」でいいです。

アパートやマンションだと庭もないし土がない

一軒家の場合なら、庭があるから死んでしまった熱帯魚を埋めることができるでしょうが、アパートやマンションだと、そもそも庭がないから土に埋めること自体が難しいですね。

感染症が拡がる!?

もし死んだ熱帯魚が感染症で死んでいた場合、土に埋めると土の性質が変わったり、土に感染症の菌がうつってしまうことがあります。

その感染症で汚染された土を、庭いじりをした他の人や、土をほじったりする犬や猫が触ることで、菌が拡がっていくことがあるかもしれないから。

死んだ熱帯魚の弔い方法

水槽から出す

水槽で死んでしまった熱帯魚を発見したら、まず水槽から出すのですが、用意するものとしては「網」と「キッチンペーパー」です。

網はダイソーなどの百円均一で売ってるもので十分です。

そーっと死んでしまった熱帯魚を網ですくって、キッチンペーパーにのせてあげましょう。

お恥ずかしい話、私は死んだ魚が苦手なので、なるべく触りたくないっていうのが本音です。熱帯魚だけじゃなく、食用の魚も触るのが苦手で・・・。ごめんなさい。

食べるのは大好きなので、いつもおいしくいただいてます。

ということで、ティッシュではなく、厚めのキッチンペーパーを使ってます。

取り出した熱帯魚をチェックしよう

死んだ魚って、あまり見たくないし触りたくないと思うけど、いままで可愛がってきた熱帯魚なので、ここは頑張ってみて。

ケガで死んだのか、病気なのか。初心者だと難しいけど、分かる範囲でいいので観察してみましょう。

もし病気っぽいなら、水槽の中の元気な熱帯魚たちも病気になってるかもしれないから。

手を合わせて「ありがとう」を伝えよう

キッチンペーパーにのせたままでもいいし、キッチンペーパーを包んでもいいので、そのあとは、手を合わせて「今までありがとう」を伝えましょう。

縁あって飼うことになったので、最後は感謝を伝えてあげましょう。

ビニール袋に入れて燃えないゴミに出す

弔いがすんだら、ビニール袋に入れて燃えないゴミに出しましょう。

犬や猫も死んでしまったら火葬するのと同じで、熱帯魚も火葬してあげましょう。

残った熱帯魚たちのいる水槽はリセット

どんな原因で死んだか分からない場合も含めて、1匹でも死んだ場合は水槽の中はすべて出して水作りから始めます。これをリセットと言います。

水槽から元気な熱帯魚を出す

バケツを用意して、水槽内の水をバケツの半分くらいに入れて、あとは水道水を入れカルキを入れます。そして、酸素のブクブクをセットします。冬の時期は、バケツ内にヒーターもセットしますが、バケツが熱で溶けないように気をつけましょう。

元気な熱帯魚をバケツにうつします。水槽をリセットするまではバケツの中で買うことになるので、毎日半分ずつミスを交換します。水温には気をつけましょう。

感染症だったことを考えて装飾品は熱湯消毒と日光消毒

元気な熱帯魚たちをバケツにうつしたら、水槽や底砂、レイアウトしていた装飾品は熱湯で消毒しましょう。

水槽はよーく洗浄して、日光で完全に乾燥させましょう。

底砂も新しく買いなおすか、それが無理なら熱湯につけて消毒して、そのあと日光で乾燥させましょう。

レイアウトの石や岩、流木も同じく熱湯消毒します。日光で乾燥させましょう。

ろ過装置はフィルターを交換

ろ過装置の器械は洗えるところは洗浄し、日光消毒できそうならしましょう。フィルターは新しく交換します。

改めて水槽の水作り

水槽やほかのものがに日光でちゃんと乾燥されたら、改めて水槽づくりをしましょう。

【熱帯魚を買う前にすること】水槽の立ち上げ方法について
熱帯魚を飼いたい!ちょっと待って衝動的に熱帯魚ショップから熱帯魚を購入する前に、やらなければいけない準備があります。それだ水作り、つまり水槽の立ち上げです。可愛い熱帯魚をお迎えするために、熱帯魚が過ごしやすい水槽環境を作ってあげましょう。その方法を紹介します。

水が立ち上がったら熱帯魚を水槽に入れよう

バケツの中の水はなるべく入れないように、水合わせをして熱帯魚を水槽に入れましょう。

【熱帯魚を水槽に入れよう】コレで安心!水合わせの方法について紹介 
熱帯魚を購入してきたら、いきなり水槽に入れちゃダメ!初めての環境に慣れるための準備をしてあげましょう。それが水合わせです。熱帯魚ショップの水と自宅で準備した水槽の水は水温・水質が同じではないので、自宅の水に慣れていく必要がある。

まとめ

1匹でも熱帯魚が死んじゃうのって、かわいそうだし、管理も大変なんですね。

大変だけど、やっぱりカワイイ熱帯魚だから、お世話してあげましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
熱帯魚の飼育
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました