スポンサーリンク

【熱帯魚を飼う前に確認しよう】賃貸でも熱帯魚は飼えるのか!?

熱帯魚飼う前の確認

こんにちは。ぽうまるです。

わが家は賃貸です。ですが、熱帯魚を飼っています。熱帯魚の前は金魚を飼ってました。

え??

賃貸ってペット禁止じゃないの?

ペット禁止だとだめなんじゃない?

本当に熱帯魚は飼っても大丈夫???

そう!

賃貸には「ペット禁止」のところとあります。

賃貸で「ペット禁止」っていうと犬や猫をイメージしますが、熱帯魚は実際どうなのか。「ペット禁止」じゃなくても、熱帯魚は飼ってもいいのか?

私は事前に大家さんに確認して、金魚を飼い始めました。

熱帯魚でも安心して熱帯魚が飼えるかチェックポイントを話します。

スポンサーリンク

そもそも「ペット禁止」の賃貸とは

「ペット禁止」の定義は難しいですよね。

犬や猫などの哺乳類は毛や臭いのほかに、壁などの内装が傷つくために「禁止」してます。

ペットには犬や猫以外に、ハムスターやフェレットの哺乳類、インコなどの鳥類、カメなどの爬虫類、そして金魚や熱帯魚などの魚類など多岐にわたります。

ペットを禁止する理由

におい

ペットから発する動物的なにおいをはじめ、フンやオシッコといった排せつ物のにおい。においはその時だけにおうのではなく、部屋に染み付きます。

ペットと一緒に生活していない人にとって、動物のにおいって結構気になりますよね。

それに賃貸物件は、引っ越す可能性もあるので、部屋全体ににおいが染み付いていると、次にその部屋を借りたいと思う人はなかなかいないでしょう。そうなると大家さんとしては部屋の回転が悪くなるので、困ります。

犬や猫は部屋中を歩き回るので、フローリングの上を「カチカチ~」と爪が当たる音がでます。

また、ハムスターだと「カラカラカラ~」と滑車?をクルクル回ってる音が、隣の部屋から聞こえてくるのとペットが嫌いな人だと苦痛でしょうね。

熱帯魚など水槽で飼うペットだと、モーター音などの低温の音も、24時間ずーっと聞こえてくるのも、他人からしたら苦痛ですね。

ペットを飼うと色んな音がするということです。

鳴き声

鳴き声も「音」」にはいるんですが、分けて話します。

私たち人間が話して会話をするように、動物たちも声をだします。そして、ペットの中には夜中に鳴き出す子もいるでしょう。

賃貸物件って、いろんな人が住んでいます。鳴き声は時として「騒音」として迷惑がられて、トラブルのもとにまります。

建物に傷がつく

フローリングや壁、柱などペット飼うことで傷がつきます。

ペットを飼っていた入居者が退去したら、新しく入居してもらうために修理しないといけない。ということは、大家さんとして修繕費がかかります。

熱帯魚もペットに含まれる

熱帯魚って、においもないし鳴かないし、大丈夫じゃない?って思いますよね。けど、賃貸の中には、ペットに熱帯魚も含めている場合もあります。

じゃあ、実際なんで熱帯魚がペットに含まれてしまうのか考えてみましょう。

熱帯魚がダメな理由

水槽が重くて床が劣化する

水槽自体はそんなに重くないです。でも水を入れると・・・、水槽の大きさ=重量になります。

20リットル入る水槽だと20㎏、60リットル入る水槽は60㎏・・・と水槽が大きくなるとその分重くなります。

ずーっと同じ場所に水槽を置くとなると、その場所だけ常に荷重がかかるということです。ということは、水槽が置いてある場所の床自体がへこんでしまうかもしれないということになります。

水槽の湿気でカビが生えやすい

水槽には水が入ります。そしてその水は熱帯魚が住みやすくするために循環してろ過されています。循環しているということは、ろ過装置から水を入れて出しているので、水がはねたり、蒸発もします。

ということは、水槽が置かれている周囲は、常に湿度が高い状態にあるのでカビが生えやすくなります。

ろ過装置などの器械から出る音

熱帯魚を飼う際、必要なのは水槽だけじゃなく、ろ過する機械や場合によっては酸素をブクブクする機械を設置しないといけません。

このろ過装置や酸素の機械が、意外と音がします。ろ過装置は機械のタイプによっては水音が出ることもあります。また機械本体の音もします。「ブーン」という低音。

中には「静音タイプ」もあるのでろ過装置などを選ぶ際は慎重に。

水槽が割れた際の水漏れ

万が一、水槽が割れた時、床が水浸しになり、最悪床が水漏れします。2階以上に住んでいる場合、下の階の住民の方に大迷惑になります。。

水槽の大きさで被害の大きさが変わってくるので、水槽の大きさ選びは慎重に。

熱帯魚を飼うために

まずは大家さんに確認しよう

熱帯魚を飼おう、飼いたいと思ったら、まずは大家さんに確認しましょう。ペット禁止でも、熱帯魚は大丈夫なこともあるので。

「だめ」と言われたら、潔くあきらめましょう・・・。

小型の水槽がオススメ

大家さんの許可が出たら、熱帯魚を飼うために必要なものを準備し始めましょう。

初心者で、初めて熱帯魚を飼う時、水槽は小さいものから始めるのがオススメです。

【初心者必見】費用を抑えて熱帯魚飼育に必要なものを用意しよう
熱帯魚の飼育に必要な物って何?なんだか専門的で費用もかかりそう。でも大丈夫。初心者でも気軽に始められるし、工夫すれば費用も抑えられる。はじめは安く物をそろえてみて、熱帯魚をずっと飼い続けられそうなら高価なものを欲しかった熱帯魚用品を買いそろえましょう。だけど今は費用を抑えて準備してみましょう。

万が一、水槽が割れてしまった場合のことも考えて、できるだけ被害が少なく済むように、小型の水槽がいいでしょう。

水槽を置く台は低いタイプがいい

水槽を置く台もちょっと工夫しましょう。

私がオススメするのは、低いタイプの台です。

高い台はもし地震が起きた時に倒れやすくなります。

またエサをあげたり、掃除をしたりするときも低い台の方が断然やりやすいし、管理しやすいので低い台をオススメします。

ロータイプのテレビ台やプリンター台なんかがオススメです。もちろん付属のキャスターは外して使います。けっこう安定性もあっていいです。水槽も小さめを選ぶため、これくらいの台で十分かと。値段もお手頃です。

防音・防振の対策

水槽の下、機器の下には防音・防振シートを置くといいです。

あと水槽の下にも防水マットを敷くといいです。マット自体は高価なものではないので、水槽のサイズに合わせて購入しましょう。水槽を破損などから守る役割もあります。

湿気を防ぐ

水槽の上部は蓋をするなど、水が飛び跳ねるのを防ぐといいです。

ろ過装置が水槽の淵に設置していると、水はけっこう飛び跳ねます。ろ過装置のタイプによっては、水槽に蓋ができないことがあるので、購入する時には確認しましょう。

リスクを考える

もし、万が一、水槽が破損したら、水浸し。下の階の住民に迷惑が掛からないとは限らない。大家さんにも迷惑をかけることにもなります。

万が一を考えたら、何もできません。けど、もしもの場合を想定して熱帯魚を飼う準備をすることも大事かなと。

まとめ

熱帯魚って、ペットのうちに入ること。そして熱帯魚を飼うにはリスクもあるということが分かりました。

けれど、大家さんの許可がでれば飼うことも可能なので、せっかく「熱帯魚を飼ってみたい」って思ったなら、楽しんじゃいましょう。熱帯魚はかわいいし、癒されますからね。

ただし、周囲に迷惑がかからないように、対策は必要だということが分かりました。

対策を練った上で、ぜひ熱帯魚との生活を楽しんでほしいです。

タイトルとURLをコピーしました