スポンサーリンク

【初心者の熱帯魚飼育】夏のアパートでの熱帯魚飼育は注意しよう

熱の熱帯魚

こんにちは。ぽうまるです。

ここ数年、夏が本当に暑くて・・・。

人間も熱中症になりかけてしまうような気温が続きますよね。

熱帯魚たちも同じで、気温が上がると、水槽の温度も上がっていきます。

熱帯魚っていういうくらいだから、平気でしょっと思うかもしれませんが、熱帯魚にも適温があるみたいですね。

スポンサーリンク

熱帯魚の適温は?

熱帯魚が過ごしやすい環境は、水温22~28℃といわれています。

冬は10℃以下になってしまうこともあります。

けれど、冬はヒーターがあるので、水温はある程度管理できます。

素人でもヒーターは手ごろな値段で売っているので、買いやすいです。

しかし、夏は!!暑いから、気温は35度を超えてしまう日も多くて、ましてやアパートは暑い、とにかく暑い。

水温だってぐんぐん上がってしまいます。

水温が30℃を超えると、水に溶けた酸素の量が減ってしまい、熱帯魚たちはどんどん弱ってしまいます。

素人には立派な水槽用クーラーは高価で買えません

水槽用のクーラーというものがあるらしい。

けど、1個数万円のクーラーは、素人の私には欲しいのだけれど、ちょっとお金が勿体ない...

水槽用扇風機があった!!

他にもいろいろありますが、私はこれを使っています。

水槽に取り付けることができます。小さな扇風機になっていて、水面に風を当てて水温を下げる効果があるようです。

これを使うと、4℃くらい水温が下がります。

エアコンが効いた部屋で使うと、一気に水温が下がるので注意してください。

まあ、でも日中仕事をしていますので、朝出勤するときに、スイッチを入れておけば、気休めかもしれませんが、ないよりはましかなと思っています。

ただ水面に風を当てるので、乾燥し水位が下がるのて追加で水を足しましょう。

保冷剤を水槽の蓋にのせる

大きめの保冷剤があれば、水槽の近くに置いたり、蓋の上に置いたりすることもします。

ただ、すぐに溶けてしまうし、水槽に水滴が入るのは避けたいので、タオルで巻いた保冷剤がいいかな。

まとめ

素人なりに私がやっている夏の熱帯魚を守る方法を書きましたが、他にも方法があると思います。

これが正解ではないですので、少しでも参考になればと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました