スポンサーリンク

【保育園の保護者会】変化を嫌う保護者の集まり!改革は無理な話

保育園の保護者会

こんにちは。ぽうまるです。

子どもが生まれると避けては通れない(いや、避けれるはずなんですが)保育園や学校の保護者会。

本来、任意のボランティア団体のはずが、いつの間にか「絶対やらなければいけない」ものになっています。

数年前から、少しずつPTAへの参加も任意による自由参加が言われてきて、学校によっては変わってきているところもあるようですね。

しかし、田舎のPTAは「任意」ということはなんとなく分かっているけど、まだまだ改革なんて進みません。

ましてや保育園の保護者会なんて、任意の「に」の字も出てきません。

私の次女が通う保育園では、年中さんクラスになると、12月くらいには次年度の役員決めが行われます。

ということで、役員決めの様子を見て私が思った違和感を話します。

スポンサーリンク

全員参加であみだくじ!拒否権なし

ママさん
ママさん

立候補がないので、じゃんけんかあみだくじで決めます。

田舎の保育園なので、園児の数も少ないんです。

園児の数=役員の数

みたいな感じなので、拒否することなんてできない。

そんな空気みじんもない・・・(笑)

さすがにここで、「任意の団体なので、役員はやりません」なんて言ったら、大ひんしゅくなのは、重々分かってます。

だから、仕方がないって分かってるんだけど、なーんかしっくりこない。

もめたくないし、「やっかいな親だな」って思われたくないので従います~。

けど、不本意。

絶対に誰かは何かの役員をやらなければいけないの?

園児の数は年々減っています。

過疎化?

いや、近くにあるもう一つの保育園と幼稚園は人気があるみたいで園児の数も多い。

つまり、わが子が通う保育園は人気がないってことだな。

そんな感じで、園児の数が少ないのですが、少ないからと言って行事の内容を減らすことができないため、保護者会役員の仕事も変わらず例年通りの仕事量なわけです。

変なの。

子どものためにも役員はやりたくない

保育園って、共働きで、他に預けるところがないから保育園に預けてます。

フルタイムで仕事して、帰ってくるのは夜の7時になることも。

寝る時間の9時までの1時間半の間に、ご飯作って、子どもに食べさせて、お風呂入って、寝かしつけて・・・。

これを毎日こなすんです。

フルタイムだけど、子どもにさみしい思いをさせたくないから、全力で子どもの相手をします。

こんな毎日を過ごしていて、どこに役員をやる時間があるの?

役員会は平日の夜で、終わるのも遅い。

仕事終わって、役員会へ行けって?

いつご飯作って、いつ食べて、いつお風呂入って、いつ寝かしつけるの?

核家族だから、子どもを見ててくれる人もいないし。

長女の時に役員をやりましたが、もう精神的に追い詰められて、子どもに当たってしたまったことが何度もあります。

子どもの寝る時間も遅くなってしまって、翌日ぐずられたこともあります。

そのたびに自己嫌悪です。

だから、自分の精神状態を守るため、そして子どもの笑顔を守るためにも、役員はできればやりたくない。

ただ面倒だからイヤなんじゃないんですよ。

家庭の時間を、子どもとの時間を大事にしたいからなんだよな。

つまり、「子どものためにやりたくない」!!

熱心な保護者の方が、よく使う言葉「子どものためにがんばりましょう」ってヤツ。

いや、すでにもうがんばってますけど?

現状を変えようとはしない保護者達

何かを変える、改革するっていうのは、ものすごく大変。

長女の時にも身に染みた。

いままでやってきたことを一つ変えるのも他の保護者から猛反対される。

押し通す力、空気を読まない鈍感さなど強靭な精神の持ち主じゃないと改革なんて無理(笑)。

現状維持は「らくちん」

いままでどおりに事を進めるということは、らくちんなんです。

だって、もう出来上がったことを淡々をこなせばいいだけだから。

何かを変えるということは、一から考えなきゃいけないから、大変なんだよね。

保護者会の役員の任期は1年。

無理に改革しようとしないで、淡々を今までやってきたいことをこなせば、なんとなく時は過ぎて任期満了でサヨウナラ。これはらくちんです。

頑固で視野が狭くなってる

現状を維持したい人は、今のままで問題ないって思ってるから、改革しようっていう意見に対して、かたくなに反対します。

ルールや伝統を大事にしたいんです。

そのルールや伝統が他人から見たらおかしいっていうのに気づいてない。

気づこうとしない。

今より悪くなったら?周りに反対されたら?が「怖い」

もし改革して良い結果がでなかったら「あ~あ、やっぱりね、今まで通りでよかったんだよ」

なんて言われるのが怖い。

もし改革したいって発言したら、他の保護者の方たちから猛反撃で反対されたら、ものすごく怖いですよね。もう保育園には居づらいです。

自分からは動かない、動きたくない

自分から行動を起こすことで、「出しゃばってる」って反感を買いたくない。

また失敗するかもしれない。そんなリスクを抱えるくらいなら現状維持に留めておく方が無難っていう心理が働いてる。

今しか見てない

現状維持を好むのは、今が良ければいい、今問題ないんだからこれでいいと思ってるんです。

つまり、自分たちのことしか考えてない。

年々園児が減ってることを直視してないから、数年後どうなるのかってのを考えてないんです。

今のまま進んでいけば、園児の数はどんどん減って、そのうち閉園しちゃうんじゃない?

今のうちに何とかしないといけないと思うんだけどな。

意見を言い合えるほどの関係じゃない

保護者同士って友達じゃないから、何でも言っていい関係じゃないんだよね。

とくに、長年地元に住み続けている人は、もちろん保育園の卒園生だったりするから、我が物顔で保育園に出入りしてる。

他の市町村から引っ越してきた人間からしたら、その中には入りづらい・・・。

発言しにくいんだよね。(女性は特にそう感じるんだよ)

それが正当な話であってもね。

みんな空気を読みすぎ!何が「子どものため」か考えようよ

保護者なんて、たまたま子どもが同じ年で、たまたま同じ保育園に通ってるだけの関係なんです。

薄っぺらい関係です。

この薄っぺらい関係を深めようとも思わないし、わざわざ関係を切る必要もない。

薄っぺらい関係だから、お互いを探りながらの話し合いになるし、お互い面倒は避けたいから、適当に話を合わせる。

だから、保護者会も活発な意見交換はできない。活発な意見交換がなされるのは、「今よりもっとこどものために良くしていこう」っていう一見ポジティブな意見交換。

けど、コレって「今よりも忙しくなるぜ」っていうことなんだけどね。。

「もうちょっと行事内容減らさない?」とかいう意見は、ネガティブワードとして排除される。

だって「子どものため」じゃないから。

まとめ

結局、私たち夫婦は次女が年長組になった年は副会長をやることになりました。

決まった以上、きちんと役はこなすけど。ちょっとは意見しようかな~。

任期中、どこかで爆弾発言して、まわりを凍らせるかもしれません(笑)

役員がそれぞれ決まったあとに、他のお母さんたちから「ぽうまるさんの当たった副会長は一番楽だよ。よかったね」って教えてくれました。

「いいな~」という感情も受け取れたので、もしかしたら他の保護者の方たちも「今のままじゃダメ」って気づいてる?

役員の仕事量が少しずつ減っていくと、これから保育園に子どもを預ける保護者さんたちが気持ちよく子どもを預けられるのにな。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました