スポンサーリンク

【実家の片付けの進め方】確実に断捨離・大掃除する8つのコツ

実家の断捨離大掃除

こんにちは。ぽうまるです。

今、高齢者の家のゴミ屋敷化が問題になっています。

子どもたちが巣立ち、親だけになった家はどんどん物が増え、高齢による体力の低下で掃除も行き届かず、散らかっていく一方です。

見かねた子供が「大掃除をしよう」「断捨離をしよう」と決意しても、物が多すぎてどこから手を付けていいのか、何から始めたらいいのか・・・、軽くパニックになる。

実際、私の実家もとっても物が多く、使わずにほこりだらけになっている物もたくさんあります。

何回か片づけたこともありますが、すぐに元通り。

そこで、同じように実家の片付けに悩んでいる方へ、何から始めたらいいのかを紹介します。

実家の片付けをしてみて分かった「両親がやらないと意味がない」ということ
実家の片付け。なかなか実家に帰省できない子どもからしたら、一度の片づけたい。けど、増え過ぎて散らかった物の中には両親にとって大切なものも隠れている場合もある。だから、実家の片付けは、できれば両親も一緒にやるのがいい。そして実家の増え過ぎた物は、徐々に増えて言った物が多いので、一気に片付けず、少しずつ捨てていくことで、片付いた状態を維持できます。
スポンサーリンク

実家の片付けに対して まずは親の理解を求める

実家断捨離

片付けるのは「親の家」であって、所有権は親にあります。

なので、断捨離・大掃除をするにあたって、きちんと親を説得し理解してもらいましょう。

勝手に初めて、親の大切な物まで捨ててしまってはいけません。

実家の物を減らし片付けることで何がいいのか、どんなメリットがあるのかを時間をかけて話してみましょう。

ここで焦ってしまうと、断捨離・大掃除は失敗に終わります。

また断捨離・大掃除には両親にも参加してもらうとスムーズに進むなので、ぜひ一緒にやろうと言ってみましょう。

親が「勝手にやっていいよ」と言われた場合も、勝手に進めず大事そうな物は捨てていいか聞いてみましょう。高齢になった親は気力が低下し、考えることが面倒になってる可能性もあるので、考えて答えるのが面倒なため「勝手にやっていい」と言ってるかもしれません。

「勝手にやっていいなんて言ってない」と言われて、親とトラブルになるのも避けたいですね。

【実家の物が多い問題】片付けた方がいい6つの理由
実家ってなんてこんなに物が多いの?なんで片づけないの?実家に物が多いことで潜む危険を紹介しています。不要になったものを捨てる片づけることで、家族が幸せになれる。そんなポイントを書いています。

実家の片付けは兄弟・姉妹への説明も忘れずに

実家断捨離

実家には親の物以外にも、私が子どもの時、学生だった時の思い出の品もおいてあります。同じように兄弟・姉妹がいる場合は、兄弟・姉妹の思い出の品もあると思うので、説明をしっかりしておきましょう。

あとで、「なんで勝手に捨てるんだ」とトラブルになるのを避けるためです。

また断捨離・大掃除をしていると思わぬ物(財産)に出くわすかもしれないので、親が亡くなったときに相続で揉めないためにも、断捨離中に見つけた物は親・兄弟に確認してもらいましょうね。

ちなみにわが家にはそんな財産隠れていません・・・(笑)

兄弟・姉妹に協力いてもらうのもいいですね。

まずは自分の物から断捨離する

実家物が多い

まず手始めに、あなた自身の物から断捨離してみましょう。

生まれてから実家を出るまでの間に溜まった物(学生時代の物など)を断捨離する。

いざやっていると「これは残しておきたい」「これは大事」と意外と捨てられなかったりします。このなかなか捨てられない気持ちを忘れないようにしましょう。

今後、進めていく断捨離の段階で、親も同じ気持ちでいるということを肝に銘じて片付けていくといいですよ。

あくまで「親の家」だということを忘れない

実家断捨離

実家は、あなたが生まれ育った場所ではありますが、今は「親の家」です。

子供なのではないんですが、実際のところ所有権は親にあります。どんなにあなたが実家をキレイに片付けたいと強く思っても、決めるのは親。

「もうやめてくれ」と言われてしまったらおしまいです。

なので、実家の大掃除、断捨離を進めていく上で、今、掃除しているのは親の家。無理やり進めないということを念頭に掃除していきましょう。

全て物を出す→必要か不必要か分ける→掃除→必要な物を戻す」の順番

実家断捨離

まず片付ける場所を決めたら、

  1. 全ての物を別の広い場所に移す
  2. いる物・いらない物・捨てるか迷う物に分ける
  3. 掃除する
  4. 残すと決めた物を戻し整理する

パターンとしてはこんな感じで進めていきましょう。

広い場所がない場合は、例えば部屋だったら、部屋半分ずつに分けてやるとか、片付けながら必要不必要を選別していく方法もあります。実家の状況にもよりますので、参考程度に。

 

物が多すぎると、何からどこからやればいいか分からなくなります。

いざ片付けを始めてみると、ほこりの多さ、汚さにビックリ!「ああ今すぐ掃除機かけたい!雑巾がけしたい!」という衝動にかられます。

中途半端に掃除を始めてしまっても、物を移動させればまだほこりもでます。キリがないので、掃除はいる物かいらない物か選別してからにしましょう。

またたくさんの物を選別していくと、出てくるのが「捨てるか残すか迷うもの」つまり思い入れのある物です。無理やり捨てる必要はないので、捨てるか決断しかねる物は残しましょう。

あまりにも残す物が多いのは、断捨離の意味がないのでおすすめしません。

なので、残す量を決めるといいです。例えば衣装ケース1個分に入る量は思い入れのある物を残すとか。

断捨離は狭くて比較的簡単にできそうな場所から始める

実家物が多い

いきなりキッチンや物置から始めてしまうと片付けの終わりが見えなず、途中で断念してしまうなんてことにもなるので、まずは小さい場所から始めましょう。

タンスや押し入れ、クローゼットから始めるといいです。

小さい場所から始めて「こんな感じでやればいいのか」という感覚をつかみましょう。また小さい場所から始めていくことで徐々にキレイになっていく場所が増えるので、達成感がでてモチベーションがでます。

玄関からでもいいですが、玄関はたくさんのゴミが出ていく場所なので、先に掃除してしまうとあとから汚れてまた掃除をしないといけなくなるので、玄関は最後がオススメです。

1日では終わらない 何日もかかることを想定しておく

実家断捨離

長い年月をかけて増えていったたくさんの物、散らかった実家をキレイにするのには、時間が必要です。

1日に何か所も大掃除するのには、体力と集中力が必要で、限界があります。

実家の大きさにもよりますが、何日もかかることを想定しておきましょう。

もしかしたら親も「もう大変だから、もういいわ」とあきらめてしまうかもしれません。

それに親にも生活パターンがあります。仕事もしていると休日は疲れてゆっくりしたいかもしれない。

ここで注意したいのは、なかなか進まない断捨離の最中に、すでに片付けた場所が散らからないようにすることです。

キレイになった場所に親は「ここに置けばいい」とまた物を増やすかもしれません。

それに何日も断捨離に時間をかけるのは、よっぽどきれい好きか掃除好きじゃないと気持ちが持ちません。私はこれで何度も断捨離を挫折しました。

親の気持ちを尊重して時間をかけたい思いもあるけど、やっぱり早く片付けたい・・・!お互いの気持ちがぶつかるので、難しいですね。

すぐに片付けたいときは片付け専門業者お願いしよう

実家断捨離

親も仕事もしていたり、日々の生活を送るのでいっぱいいっぱいかもしれない。

私たち子供の自分の生活がある。頻繁に帰省して、帰省するたびに片付けなんて大変です。

もし、1日で実家全体の断捨離が終わるなら、どうでしょう。こんな楽なことはないですよね。

片付け専門の業者ってどこがいいの?費用は?など不安なこともあるかと思います。

実家が遠方にあっても大丈夫な、日本全国対応の片付け業者を見つけましょう。

  • 物が増えてしまった
  • 何から手を付けていいか分からない
  • 査定、買い取りもしてほしい
  • 汚れた部屋の掃除もしてほしい

などの対応をしてくれる【オールサポートをチェックする】がオススメです。

まとめ:断捨離・大掃除 高齢の親は腰が重いので焦らず進める

実家断捨離

まずは親の「面倒くさい」を「片づけてみるか」に変えていくために、あなた自身が「実家汚い!ヤバい」と感じた時から、やんわり親への説得を始めましょう。

何度も説得するとうっとうしがられるかもしれませんが、「これ片付けよ?」「一緒にやろう」と明るい気持ちで話し合っていきましょう。売り言葉に買い言葉でケンカにならないようにはしたいですね。

親の重い腰がなかなか動いてくれないなら、まずは実家にある自分自身の物を一気に片付けて本気を見せましょう。また兄弟・姉妹にも協力してもらえるなら声をかけてみるものいいです。

実際に片付けてみると本当に物が多いことが分かります。片付けることのメリットを親に話しながら実家の片付けを進めていきましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました